ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座
やまめ乗り解説

ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介①

というわけで始まりました(ラジオ?)当ブログ、三本柱の一つである「自転車」について、まずは書いていこうと思います!

 

ぼくが乗っている自転車は「DAHON Mu SLX 2016年モデル」です!

f:id:sattin0107:20181024194002j:plain

はい早速広告が入りましたね!おそらく当ブログで扱う最高額商品でしょうw

この車種について軽く説明しますと…

世界的に有名な折りたたみ自転車ブランド「DAHON」が誇るフラッグシップモデルです。

(正確にはぼくが買った2016年にはMu Eliteという上位モデルがありましたが現在は廃盤になっています。今はフラッグシップだからいいよね!)

なぜこの車種を選んだか

店で一番軽いのを選びました(率直)

折りたたみに限らなければもっと軽いのはあるのですが、ぼくは自転車を玄関に置かなければならない都合上最初から折りたたみに絞っていました。

しかし折りたたみ自転車は折りたたみ機構を備えるために多くのパーツで構成されており重くなってしまうのが一般的です。ぼくも最初は軽さは二の次と考えており、またクロスバイクの友人とのツーリングを考えていたので、走行性能重視ならホイールが大きい方がいいよなあ、と思い

こういうホイールが大きいタイプの自転車を買おうと思っていました。

(↑当時こんなの売ってなかったからまるっきり嘘ですね!実際買おうとしてたのは同じTernのEclipseってやつです)

しかし近くの店では取り扱ってなかったり入荷に時間がかかったりで断念しました。

どうしようかと思いながら入った店で見つけたのがMu SLXです。

他の折りたたみ自転車が余裕で10kg超えてる中で唯一の8kg台。明らかに異彩を放っていました。

しかも調べてみると軽いだけでなく走行性能も備えているとのこと!その場で購入に至りました。

今ではでかくて重い折りたたみでなくこっちを買って良かったと思っています。

DAHON Mu SLXの魅力

既に書いていますが、折りたたみ自転車ながら軽くて速いことです!軽くて畳めるので自転車を電車に乗せて運ぶ「輪行」がしやすく、ぼくの住んでいる埼玉から

f:id:sattin0107:20181024205550j:plain

日本で2番目に広い湖・霞ヶ浦や…

f:id:sattin0107:20181216124109j:plain

ガルパンの聖地・大洗に行ったりできますし、また普通に走っても速いので

f:id:sattin0107:20190224190935j:plain

家から自走で幕張メッセや…

f:id:sattin0107:20181024210635j:plain

羽田空港に行ったりできちゃうんです!

関東ばっかりじゃねぇか

まあ日帰りだと限界がね?

でも冒頭の写真は猪苗代湖だから東北ですよ!いつかは泊りがけで琵琶湖一周やらしまなみ海道に行くのが夢です。

そんな感じでぼくが乗っているMu SLXの紹介でした!

 

ところで広告の画像とぼくの写真で結構見た目が違うと思いませんか?(興味ないか)

購入してから2年経っているのでかなりのカスタマイズをしています。つまり広告の宝庫

次回からはそこらへんを掘り下げていきたいと思います。いきなりめっちゃ長くなってしまった
www.bokusiku.com

サクッと実用例に飛びたい方は↓こちらへ

www.bokusiku.com

スポンサーリンク