ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座
やまめ乗り解説

このブログの商業的弱点を克服する

はいどうもsattinです。
月間1000PVに浮かれて書いた記事の中でこのブログの長所と短所が図らずも見えてきました。
ニッチな検索ワードのニーズにある程度応えられてはいる(多分)ものの、それが収益に繋がってはいない

ということです。
その理由として

①高い自転車を通販で買おうとは思わない
②スケボーでポンピングを習得したいと思う人は既にスケボーを持っているので、新たに買おうとは思わない

ということが挙げられました。
今回はこれらに対して真面目に対策を考えてみます。
あれ?収益のためのブログは書かないって言ってなかったっけ?

 

①高い自転車を通販で買おうとは思わない
まずこれです。まあこれは割と最初からわかってたんですが、仮に売れたら報酬額も結構なものになるので目を逸らしてました。でもやっぱ買わないですよこれは。ただでさえ20万くらいする自転車を現物見ないで買うとかありえないでしょ。これはぼくがいくら良さを主張しても同じだと思います。
まあぼくはこの自転車買う前にあさひの通販でTernのEclipse買おうとして入荷待ちで断念したんですが。いたよ見ないで買おうとする奴。

 

まあとにかく自転車本体を売り込もうとするのはあまりいいやり方じゃないということです。じゃあどうするかはまあわかりますよね。パーツを売るのです。つまり絶賛放置中のカスタム紹介をちゃんと書こうぜってことになるかと思います。

しかも単に自分のカスタムを見せるだけでなくこのパーツええやん!と思わせる必要があります。
結論:早くサドルの話しろやゴルァ

 

②スケボーでポンピングを習得したいと思う人は既にスケボーを持っているので、新たに買おうとは思わない
次にこれですが、これは簡単です。ポンピングマシーンとしてのelosをアピールすればいいのです。
実はelosはポンピングに非常に有利なスケボーなのです。その理由を説明すると記事一個分くらいになってしまうので、記事一個書きます。
そうすればポンピングに苦心している人がこれならと買ってくれるかもしれません(既にelosの人はがんばってください)
まあなんか課金促してるみたいで気が引けますけどね…

 

あとは今までに上げたポンピング動画もelosそのものの宣伝になってると思うのでこれも拡充していきたい。
今考えてるのはelosで坂登ってみたとかelosVSブコフで買った偽ペニーとかです。

 

まあそんな感じでせっかくアクセス増えてきたんだしどうせなら稼げる方法考えようぜってことで考えてみました。

色々やるべきことはあるけど、まずは自転車とスケボーのそれぞれの記事の最後に広告ぶっこむことかな。

やっぱ記事を読み終わった後は必ずどこかに行くことになるので誘導しやすいみたいです。一気に下衆い話になってしまった。

ところで

冒頭に書いた通り月間1000PVで浮かれてたんですが、今日1200突破しました。

急にどうしたのよ。

ってか先週の土曜からアクセス数がおかしいんだよね。明らかに何らかのブーストがかかってる気がする。

スポンサーリンク