ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座
やまめ乗り解説

ぼくのデレステ:comic cosmic開幕

f:id:sattin0107:20190821192245p:plain

前回あんだけ言ったのにまたマスプラできる気がしないのでこれで終わりになりそう。

8分スライドが死ぬほど苦手だということを自覚した。なんせスライドが取れなすぎて一度は引退を考えたくらいなので何を今更って感じですが。

f:id:sattin0107:20190821192314p:plain

トリプルシナジーは安直すぎてつまらんと言いながら結局使ってるしな。

モンストで言うとルシファー艦隊くらいの安直さじゃね?(ぼくの中のモンストは2年前くらいで止まってるので今でも強いかは知りません)

Wシナジー+オバロまではまだ連携してる感あって良かったのだが…

ストライダーの転落事故について考える

別に名前似てるから取り上げるわけじゃないですけど…

news.yahoo.co.jp

これを見てまず思うのはストライダー自体は別に危険じゃないってことです。

ブレーキがないなんてありえないという声がありますが普通に足つきますから。

(8/15追記・ブレーキはついてるやつみたいです)

だから平地で転がして遊んでるだけなら少なくともキックボードよりは安全です。

では何がいけなかったかというと下り坂だったということです。

(まあ公道で乗せてる時点でアウトなんですけど)

 

本人の安否だけで見れば下った先が壁じゃなくて良かったねってとこなんですが…

今回死者が出てしまった(しかも他人)ことで「こんな危険なものを発売するな!」となってしまいそうなのがとても心配ですね。

ストライダー自体はまだ自転車に乗れない子供の練習器具として有効だと思うからです。

(まずあり得ないですが)自分に子供ができたらストライダーに乗せると思いますし、実際にそうするであろう人からチャンスを奪うのは勘弁してほしいところ。

 

今回と状況が違うかもしれませんが、前に漫画家がリカンベントで事故死した時も「危ないからなくせ」という意見がありましたよねえ…

でも頭から突っ込んでいくロードバイクの方がよっぽど危険だと思うんですよ。

 

ぼくが思うに、「乗り物そのものの危険度」+「乗り方の危険度」が一定を超えた時

(他にも路面の危なさとかもあると思いますけど)に事故が起こるわけで、乗り物の危なさだけを見て「こっちにしろ」というのは暴論かなと。

そもそも自分が何に乗るかなんて決める基準は一つじゃないわけで、ぼくは走行性としまいやすさの兼ね合いでMu SLXを選びましたし、もし安全性だけで選ぶならバイクに乗ってる人は車に乗り換えなきゃいけないですよね。もちろん軽は危ないのでだめです。そんなのあり得ないですよね。

 

ちょっと脱線してしまいましたが、結局何が言いたいかと言うとストライダーに罪はないということです。

ざっくり言うとこんにゃくゼリーと同じっすよ。なくすのはやめたげて!

ぼくのデレステ:LIVE Groove Vocal burst(夏恋-NATSU KOI-)結果発表

f:id:sattin0107:20190810070925p:plain

ちょろい(他意はありません)

最近マスプラで戦意喪失してgdgdになるパターンが続いてるのでなんとかしたいですね。せっかく盾タブ復活させたのにこれでは意味がない。

ぼくのスケボー:「ろびんトよし」森田貴宏さんのペニーの乗り方動画を見ました

ぼくはスケボーに関しては全くのnoobなのでこの人のことはよく知りませんがめちゃくちゃ上手いのはわかった(小並感)

よって口出しできることは何一つないですが、動画の流れに沿って感想などを書いていきたいと思います。

0:58~

ここではクルーザーの大きさによる違いを説明してますね。まあぼくが乗ってるelosはこの動画に出てくるどの板よりも小さいのでこの説明通りだと10km/hも出せないことになってしまいますが、もちろんそんなことはなくぼくの動画だとポンピングで15km/hくらいは出てる)デッキの幅も重要だということを付け加えておきたいです。

2:26~

ここで森田さん愛用のペニーが出てきます。ここでぼくは舌を巻きましたね。持ちやすいように穴を開けておくという発想はelosと同じですし、やはり実用性を考えるとそこに行き着くんだなと。また「世間体でスケボーを見せられない」状況に触れていることも興味深いです。ガチのスケーターはそんなこと気にしないと思ってましたし。

3:00~

ここではクルーザー特有のスタンスに言及しています。クルーザーは普通のスケボーに比べて幅が狭い分足は少し縦向きになる。これは理に適っていますよね。このブログでも前に書きましたが基本的に板に乗っている時は拇指球と踵でバランスを取っていますので、幅が狭ければこれらが極力はみ出ないように角度を変える必要があります。

そしてテールは極力踏まない。滑走中にウィリーしたら怖いですしね。まあelosにはテールがないのでその心配はないんですけど、逆にターンもできないので一長一短。

4:19~

ぼくの苦手なプッシュについてです。上手い人はプッシュだけ見ても動きが違いますね。歌が上手い人はAメロの時点で上手いみたいな、高ければいいってもんじゃねーぞみたいな深みを感じます。「俺はオーリーできてるとは思わない」という探究者っぷりがカッコイイ。

4:43~

ポンピングのコツの説明です。このブログ的にはここが本編ですね。「すくい上げる感じ」というのはかなり感覚的な説明ですが、踵でヒョイっとやる感じですかね。

そしてやはりポンピングも上手いです。ぼくのような膝の動きだけではなく全身の動きを使って、その全てを推進力に変えているような無駄のなさを感じます。

特に注目したいのが後ろ足の動きです。左右に踏み込んだ直後に完全に抜重しているのがわかりますかね?これはもうデッキの上でジャンプしてると言っても過言ではないでしょう。(過言だよ)

7:02~

このチャンネルの主である「よし」さんと「ろびん」さんがペニーポンピングのレクチャーを受けるフェーズ。

よしさんはショートボードに乗ればチックタックで坂を登れる技術の持ち主ですが、やはりペニーでは小さすぎるのか不安定感がありますね。それは森田さんの言うように軸が定まっていないということが大きいのでしょう。このブログの過去記事でも「支点」という表現ですが動かない部分について意識して書いていたのでここら辺は我が意を得たりって感じです。

次に出てくる「親指の関節で板を掴む感じ」という説明はとても大事ですね。ポンピングをしていると板と体が左右に傾くのでずり落ちそうになるわけですが、これを親指を引っ掛けることで食い止めるわけです。まあ靴履いてんのに引っ掛かるか?という気もしますがこれは実際ぼくもやってるのでよく分かる。

ろびんさんのターンは全体的にネタっぽい感じになっていますが「板を踏み潰す」という重要なワードが出てきます。ポンピングって一見なんで進むかわかりにくいですが結局は板を路面に押し付けてその反発で進むわけですよ。「潰す」という表現はそれを端的に表してる気がします。

 

というわけで以上、プロスケーターの言うことが意外と自分の考えと一致してて嬉しかった話でした(えー)

最近デレステの記事ばっかだけどまたポンピングの動画でも撮りたいなあと思わせてくれる動画でした。多分撮らないけど…w

スポンサーリンク