ぼくのSix Wheels(僕六輪)

スケートボードのジャンルの一つ「クルーザー」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座 練習 おっさん
やまめ乗り解説

今週のクルージング(鶴見川)

 

鶴見川に行ってみたいという思いつきに付き合ってくださった方々ありがとうございました。地元民をはじめ、川の水の味を知る人まで来てくださり有意義な時間を過ごせました。

しかし今回ペニーとともに持参した復刻下駄クルーザーには課題が残る結果となりました。

なんせ新横パークのバンクを一度もクリアできなかったw上れはするけど下れない。

他のデッキを借りたら一発でできたので理由は明確だけどとにかく曲がり辛いのよこの板w

具体的には滅茶苦茶体重掛けないと曲がれない。

これについては元々ぼくが硬めのセッティングが好きなのはあるのだが、最近はLDP的な前足で引っ張る動きも入ってきてるので、前ほどギチギチにはしてないつもり。

…というのはあくまで後ろトラックの話で原因は前にあります。

なんかブッシュが入り切らんのよ(半ギレ)

よく見えないけどキングピンナットが半分しか入ってませんw

確か以前はもっと背が低いブッシュ(インディ?)を入れてたから気にならなかったんだと思うけど余裕なさすぎでしょ。

というわけで前トラックを別のに換えます。元々ベンチャーを選んだのも他と比較したわけではなくデッキと同じ店で売ってて軽いやつにしただけだった気がするので惜別の念とかはありませんw

 

で何に換えるかですが、ユースケートさんのRKPを試しに付けたら生まれ変わったので「もうこれでいいんじゃないかな」と思ったんだけど、自分はTKP特有の直線的なジグザグパンピング(?)も好きなのでとりあえずもっと曲がりやすいTKPで選んでみようかと。

あとせっかくインパクトのあるキレキレライザーを外したくないというのもある(こっちが本音)

というかこのライザーつけてる時点でジオメトリ的には曲がらないはずがなくてブッシュが入らないことだけが問題な気もするので、キングピンだけ長いのに換えればいいんじゃねと思ったけど自分でできる気がしないのでとりあえず現行より長いキングピンのやつを探します。

www.instagram.com

今週のクルージング(関宿~栗橋)

 

下駄クルーザー復刻後初のロング(でもない)クルージング。

本当の目的はパンピング比較動画を撮るのにでかい日陰のある場所が欲しかった。

で、それは撮れたので関宿橋に戻ってバスで帰っても良かったのだが、せっかくなので電車で帰れるゾーンまで行くことに。

前回来た時に5月末まで工事のところがあり、ここが開通していればノンストップで行けると思ったのだが

地味に延長してた。ファック。

前回書いた通り一応下の道路も少しは滑れるのだが最終的に車道に入るので歩きになる。ここはもう涼しくなるまでお預けかな。しかし関宿橋からここまででも7~8kmあるし、最初の数kmを除けばずっと路面がいいので最初から往復するつもりなら全然楽しめると思います。トイレ付きの休憩所もあるし。

パンピング動画についてはまたしても過去動画の焼き直しです。ただ言ってることは同じでも当時できなかった全身セルフ追い撮りスタイルの画を入れることで実際にクルージングに使えるという説得力みたいのは出せると思う。まあ撮ってないとこではほとんどプッシュですけどね自分(クズすぎる)

復刻③

体の中心=みぞおちってとこには異論あるかもしれんけど中心ずらすのはガチ。

ちなみにこの動画で言ってることの復刻ですw

もう新しいことは何もありません。新しく出した方が見られるからそうしてるだけ。

「政府の赤字は民間の黒字」と言い続ける三橋さんと同じですね。

復刻②

www.instagram.com

ちょっと加速してきた時に強めのブレーキかけて立て直せるようになってきたかも。

でもスラッシュはまだできない。まあ色々試してみるか。

www.instagram.com

申し訳程度のパンピング要素。上から見るとなかなかエグイキレ方してる。

昔よりカメラが良くなったことで特に上半身の使い方に関してはリアルを伝えられるようになったと思う。前は腕を限界まで伸ばした上で脚しか映ってないという糞環境でしたw

今週のクルージング(渡良瀬遊水地)

 

途中でおもっくそ車で切り忘れて最高速度60km/hとか出てたのでばっさりカットw

ここの通りで簡単でした。

ただ飛ばされた区間は適当に最短ルートで補完されてるっぽくて存在しない記憶ができちゃってる。まあアホみたいな数値が出てるわけじゃないのでいいでしょう。

例によって(といいつつ前回のことここに書いてないな…)色んなデッキを試乗させてもらってる内に結構距離行ってんだなっつー。ふくらはぎが滅茶苦茶吊りそうだったが耐えた。

しかしそろそろロングボード欲しさが抑えられなくなりそうw特にビヨンビヨン跳ねる系のデッキがクソおもろい。

途中で一旦抜けて坂へ。このくらいの斜度ならもう恐怖心はないな。

アップヒルはまあ必死。

スポンサーリンク