ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座
やまめ乗り解説

ぼくのスケボー:曲がるポンピング(?)

性懲りもなくカスタムの話です。

 

SEISMICトラック装着から半年が経った。性能に不満はないが、敢えて問題点を挙げるなら前トラックが広すぎるということだ。

f:id:sattin0107:20191020175711p:plain

暗くてすんません

こんな感じなのでバッグに入れる時に引っかかったりする(デフォトラックなんですけどねー)

唐突にそこをなんとかしようと購入したのが

WOODY PRESSのカービングトラックだ。

(ちなみにリンク先の品名が微妙に間違ってるので↑では修正しておいた…買ったから許してちょ)

 

WOODY PRESSというのは所謂サーフスケートに分類されるもので、その名の通りサーフィンのオフトレに使うスケボーらしい。サーフスケートの最大の特徴はとにかくよく曲がるフロントトラックであり、CARVERやスラスターというものが有名なのだが、このカービングトラックはここ数年で出てきた(のかな?)もので、先述のトラックとは一味違う乗り味が特徴

なのかはわからないが売ってたので買ってみた(おい)

 

実際に何が普通のトラックと違うのかはひと目見ればわかる。

f:id:sattin0107:20191020182801j:plain

普通の2個セットのトラックとは違い前後で形が違うんですねー。

左が前、右が後ろのトラックです。

具体的に前後で何が違うのかと言うと

f:id:sattin0107:20191020184029j:plain

ピボット角(トラックの回転軸の角度)が違うわけですね。

これによって前トラックはキレッキレに、後ろはキレにくくなるため、ポンピングにおけるロスが減り効率がアップする…ってのはどっかの記事に書いたはず。そっちを見てもらって(えー

今回はフロントトラックのみの交換なので、後ろは使いません(クソみたいな金の使い方してんな)

SEISMICトラックという心臓部がついてますからね。

f:id:sattin0107:20191020185551p:plain

それにしてもこのピボット角はえぐいな…

これならアングルライザーいらないんじゃね?ってことで

f:id:sattin0107:20191020185706j:plain

80mm×4輪elos爆誕

(場面が変わったのはトラック用のレンチが見つからず買いに行ったからです)

今まで高さ合わせのために前だけ70mmを付けていたが、アングルライザーがなくなったことで同じくらいになったわけですね。

シャークウィールもいいものだったけどやっぱ前後揃ってる方が見栄えがいいね。

そしてこれでデフォのパーツがほぼ0になった。

 

で、乗ってみた感想ですが

 

これはやばいwww

曲がりすぎワロタwww

 

なんせデフォのトラックもよく曲がるRKPで、それをさらにアングルライザーで軸を立てていたのに、それよりさらに立ってるからね。

もう何がなんだかわからんくらい曲がる。

どのくらい曲がるのか動画にしてみた。

まあ比較しなきゃわかんないよね!メンゴメンゴ

とにかく一回乗っただけで違いがわかるくらい違った。

 

ぶっちゃけこんだけ曲がると逆にポンピング効率落ちるのでは?と思ったがそんなことはなく、むしろ上がってると思った(小並感)

f:id:sattin0107:20181118060654j:plain

この図は「ぼくのかんがえたさいきょうのポンピング」を表しているのだが、曲がりやすいということは、この図のようなありえないカクカク具合に近づくことであるので、曲がりやすくなる分にはデメリットはないようだ。

あと前輪がでかくなったので惰性で進める距離が伸びた気がする(プラシーボ)

 

というわけで今回のカスタムもうまく行ったと思う!

とりあえず動画撮れたら撮ろうと思います(撮らない奴の言い方)

f:id:sattin0107:20191020202241p:plain

ちなみにトラック幅はあんま変わりませんでした(アホ)




「ハミング」を表す日本語は存在しない

こんにちはsattinです。

突然ですが今回はハミングについてです。

 

ハミングは口を閉じて鼻から声を出して歌うことですが、このことをビシッと一言で表す日本語は存在しません

鼻歌があるじゃないか」という意見がありそうですが、デジタル大辞泉によると鼻歌とは

 気分のよいときなどに、鼻にかかった低い声で歌をうたうこと。また、その歌。

 となっており、必ずしも口を閉じることを必要としていません。実際「鼻歌交じり」と言われている時に歌っている歌は口から出ていたり、さらには歌詞が乗っていたりすることがあると思います。そのことから鼻歌≠ハミングということができます。

 

また、ハミングそのものの音についても、日本語では表すことができません。

一般的な表現として「ふーん」がありますが適切ではありません。

「ふ」は「ふ」、「ん」「ん」でありそれらを組み合わせたところで普通に口で「ふーん」と言っているだけだからです。

おそらくハミングが日本に輸入されてきた(?)際に英語でハミングを表すhmmなどに対応してふーんが付けられたのだと思いますが、これは例えて言うならTsuではなくトスと言うようなものです。津と鳥栖ではだいぶ違います。関西らへん九州ということしかわかりませんが、とにかく違うのです。

 

以上のことからハミングを表す日本語は存在しません。

ならば作ればいい。

 

そもそもハミングは英語でhummingと綴り、分解するとhum+ingとなります。

つまりハムすることという意味だ。

よってこのハムを表す日本語があればいいということになります。

豚肉を加工した…とかそういう話ではない。

もっと簡単にハムを表せる日本語があるではないですか。

 

そう、である。

これを使ってハミングを表現しよう。ハミングは歌なので、やはり○歌としたい。

よってハミングは公歌となる。

読み方はもちろんはむうたです。これなら鼻歌からあまり離れていないので使いやすそうですね。

聞き手が公歌を知らなくても文脈から「鼻歌って言ったのかな?」と解釈してくれるでしょう。

 

さて、ハミングの日本語訳が決まったところで残る問題である「ハミングの音」についてもズバッと解決してしまいましょう。

hmmの対訳としてのふーんは「ふ」と「ん」が分離しているのが問題でした。

ここでhummingという単語を見てみると、hmmと歌うことがhummingなわけですから、ハミング=ハムすることにおける「ハ」と「ム」が合体したのがhmmだということができます。

つまり、ここでもが使える。

公の読みとして「ハミングの音」を設定してしまえばいいのだ。

 

公~♪

公公~♪

どうです?ハミングっぽく聞こえてきませんか?

こうして見ていると公が目と鼻のように見えてきますね。その点でも鼻から声を出すハミングにぴったりなのではないでしょうか。

 

 

以上のことから、当ブログではハミングを表す日本語として

公歌(はむうた)

公~♪

を提案します。

 

 

何がしたい。

ぼくのデレステ:LIVE Parade(Gossip Club)結果発表

ものすごくやる気がないが一応終わったので。

f:id:sattin0107:20191009204304p:plain

予想よりは高かったが予想が低すぎたので別に嬉しくはない。

そろそろ難しめのマスプラでガツンとスコア出して200位くらい行きたいんだけど、適度な難しさの譜面がなかなか来なくてむず痒い。

今思うとTrust me辺りがラストチャンスだったのかもなあ。あの曲のようにタップ偏重でちょこちょこフリックが入ってくるビーマニ譜面(と勝手に読んでいる)なら確実にアド取れると思うので。

まあ今回も割とタップ偏重だったけどね?

そして全然出来なかったけどね?

 

まあ200位取ったとこで別に何もないんですけど、それ言ったら金トロ取ったとこで飾って眺めるだけだし、もっと言ったらゲームなんて…ってなるので自分が気持ちよくなることをやるだけだよね。

てなわけでライパで僕六輪の宣伝してきます(結果的にそれかよ

スポンサーリンク