ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座 練習
やまめ乗り解説

ぼくのスケボー:ぼくのバナナが反り立つ時

どうもこんにちは、elosのしもべsattinです。

 

最近Banana Boardのポンピング動画をいっぱい上げていましたが、やっぱりポンピング用スケボーとしてはelosの方が優れてるなあというのを最近また感じています。

公式動画でもポンピングしてるしそれは間違いないと思う。

Bananaのポンピングはelosにはないビヨンビヨン感があって面白いんだけど、km単位で乗ってると右足首がめっちゃ痛くなってくるので移動手段としてはやはりちょいきつい。ぼくがelosでやった芝川サイクリングロード走破みたいのは多分無理だろう。

 

じゃあBananaはクルージングにおいてelosに勝てる部分はないのかというと、ある。

それは前も書いたがテールキックがあるということだ。

テールキックがあれば前輪を浮かすことができるので段差を越えやすいし、方向転換もしやすい。

まあこれを見るとelosでもそれはできるんだけど、ぼくのはできないから無効(えー)

(正確に言うと↑のはelosのパチモンだから買わないように注意)

 

さらに、テールキックがあればできることがもう一つある。

できることというかこれをやるためにあると言ってもいい。

 

そう、他ならぬオーリーだ。

そもそもelosの紹介①でも書いたようにぼくが数あるミニクルーザーの中からBananaを選択したのも比較的オーリーがしやすい形状だったからだ。

 

しかし!Bananaを始めとしたミニクルーザー、とりわけぼくのBananaのような大径ウィールを装着したミニクルーザーではオーリーをするにあたり高い壁がある。

それを説明するためにまずはオーリーの原理から見ていきたい。

オーリーの原理

(このセクションについて一旦書いた内容がかなりトンデモだったので書き直してアップしております)

 

オーリーは板ごとジャンプする技に見えるが、よく見ると2つの動きに分解できる。

①板の上でジャンプ(体が浮く)

②テールを蹴って路面にぶつける(テールが跳ね返ってくる)

この2つの複合で体と板が同時に跳んでいるように見えるのだ。

さらに前足で板を擦るとか板を水平にするとかのプロセスがあるが、これはスキージャンプでいう飛型点的な話なのでここでは割愛する。

ここで重要なのはテールを路面にぶつけるという点だ。テールを路面にぶつけるには後輪を軸として板を回転させる必要がある。上の動画では板が45度くらい上がったところでテールが当たり跳ね返っているのがわかる。

 

それを踏まえてぼくのBananaを見てみましょう。

f:id:sattin0107:20191211204327j:plain

こんなん無理じゃね!?

 

続く。

ぼくのスケボー:ポンピング一期一会

f:id:sattin0107:20191210213705j:plain

elos公式に捕捉された。

f:id:sattin0107:20191210221225j:plain

いいんですか?こんなメチャクチャなカスタムしてる奴をフォローして…

いやもちろん光栄ですけど…

ただ他の登録チャンネルを見てみるとelosはおろかスケボーすら関係ないギターとかマイクラの動画だったりして、これって単なる中の人の趣m

 

とりあえずぼくのチャンネルでは基本的にelosをヨイショする(死語)動画しか上げてないので天の怒りを買うことはないと思うが、最近Bananaに浮気がちだったのでelosのポンピング性能をアピる動画をもっと上げていこうかなと思う。ただ、近々Bananaの方で大きな動きを起こす予定なので、その後になってしまうかも(ハードル上げるね~)

これを買ってもサーフスケートトラックとかバネ入りトラックはついてこないけど、普通に良いパーツついてるから良いと思うよ!

でも付けたい人は過去記事読んでください(商売下手だな~)

ぼくのデレステ:LIVE Parade(Sun! High! Gold!)

f:id:sattin0107:20191209205009p:plain

最近ここはスケボーブログとしての地位を確立しつつあるので(勘違い)

デレステの記事はノイズなのではないかと思うようになってきた(今更かよ)

 

ぶっちゃけモチベは全くない。

今回も理接してるのにマスプラ捨ててるしな。

やっぱりミリシタみたいに2000位以内で何かあればいいんだけどね。

 

今のぼくを奮い立たせられるのはLIVE Carnivalくらいだが、あれも何度もやってるとやる曲固定されそうだよねぇ…

ブースト条件をもっときつくしてスクフェスのうでまえクラスみたいな「この中だとこの曲ならいけるかな…」って考える要素があるといいんじゃないかな。Nがつく曲限定とか。

ぼくのスケボー:転がす自撮り棒の省エネ化&オススメポンピング動画

こんにちはsattinです。

最近またカスタム熱が上がってきてまして、Bananaの方でもちょっと動き出しているんですが、それはまたの機会として、今回はこいつです。

f:id:sattin0107:20191208160215p:plain

転がす自撮り棒(伸縮式)です。(部屋片付けろよ…)

こいつはぼっちのぼくがポンピングの追い撮りをするために(哀しいな~)シンワのウォーキングメジャーを改造して作ったツールです。

www.bokusiku.com

www.bokusiku.com

実際にこれを使って撮影した動画はぼくのYouTubeチャンネルに上がっているのだが、その撮影中に浮上してきた手が疲れるという問題があり、それを解消するために

www.bokusiku.com

自転車ハンドル用バーテープを巻いたり

www.bokusiku.com

ファットタイヤを履かせたりしたが、根本的な解決には至っていない。

そうこうしている内にぼくのLDP熱が冷めてしまい押し入れに眠っていた。

 

が、最近またポンピング熱が再発していることもあり、またこいつの出番が来るのではと思いこの問題に再度向き合うことにしたのだ。

(ちなみにSTRiDAを代わりに使う構想もあったが普通に頓挫した。あんな重いの転がせねーよ)

 

で、今回冷静に考えたところある発想に至った。

手で持つから疲れるんじゃね?と。

 

自撮り棒を手で持たない?ハァ?

心の中のまちゃまちゃに言われながらもドンキでミラクルショッピングしてきたのがこれです。

f:id:sattin0107:20191208161753p:plain




ワーカーズレーベル(WORKERS LABEL) 6mmカラビナ&Dカンベルト通し BLT-2

 

Amazonってすげーよな、店で適当に見繕って買ってきたものが普通に売ってるんだもん。そりゃ小売も悲鳴あげるよ。まあぼくは店行ったけど。

さて、こいつを転がす自撮り棒に装着していきます。

f:id:sattin0107:20191208163441p:plain

まずストレッチストラップを持ち手の近くにかける。

ゴム製なので簡単に入ります。衝撃も吸収してくれそうでいいね。

f:id:sattin0107:20191208163548p:plain

その先端のカラビナにレザーキーホルダーをつけます(どこにピント合ってんだ)

f:id:sattin0107:20191208163710p:plain

そしてその先端のカラビナをさらにベルト通しに引っかける!(暗くて見えないね…)

あとはこれをベルトにセットすればそう!

転がす自撮り棒を腰に吊り下げて保持することができるようになるのです。

これで右手は添えるだけでよくなったのでだいぶ楽になったと思う。

(実際に持ってみたらレザーの部分が長すぎて持ちにくかったので結び目付けて短くした)

さてこれ持ってどこ行こうかなー!

全然スケボーの話題じゃないのでポンピング動画紹介します

最近の記事でトラックのピボット角について書いていたけど、そん中で10度ですげーとか言っていたけど、実は完全に水平にする方法もあるんですよね。

それがこういうブラケットと呼ばれるものなんですけど、見ての通りトラックが完全にデッキからはみ出た状態で装着するのでデッキはウィールより低くできてプッシュしやすいし、アングルライザーなんてなくても角度が変えられる。

f:id:sattin0107:20191208171428p:plain

そんでこのリアトラックはブラケット自体にキングピンがついていて、そこにピボットのないハンガーが固定されているので、もはや後輪のキレなんて概念自体が存在しないみたい。すごいですね。

こんななりだからトリックとかは多分できないけど完全に移動特化の板ですね。

メーカーとしては↑のExile以外にG|Bombってとこが有名みたい。そっちは国内のお店のサイトでも紹介されていたんだけど、現状取り扱ってないってことは日本では流行らなかったんだろう。哀しいねえ…

ぼくのスケボー:リバースピンとかじゃなくてぇー トラック自体がー逆っさ!③

www.bokusiku.com

これだよこれ!

こういう素材が欲しかった。

これと!

これと!!

これがあればできます!!!

以上!!!!!

おいこら

すみません、久々に商機が見えたのではしゃいでしまいました。

でもマジですごいよこれは。

動画だと違いがわかりにくいかもしれないけど、この後Banana乗ってみたら後輪動きすぎてびびったからね。Bananaも一応ピボット角いじってはいるけど、それが無力化されたかのような感覚味わったからね。

 

これは誰もが効果を実感できるカスタムだと思います。

そして動画にもあるように、elosの幅広デッキとの親和性がめちゃめちゃ高い。

もともとelosという板は足が全部乗るほどの安定感で体重が逃げていかないから、ポンピングの時はその体重を少しずらしてやるだけで勝手に進んでいくんだけどやまめポンピングはそれを活かしたフォーム)、後輪が逆に行かないということはそのずらした体重の全てが反発してくるわけだから、とにかく効率がいい。

これはLDPにも使えるんじゃないかなあ。

 

いやはやポンピングのフォームを見ようと思って探した動画でこんな収穫があるとは。

これからもこれは!と思う動画があったらどんどん紹介していこうと思います。

このブログの収益化のために!!(ひっでぇ!

 

あ、ちなみに上のリンクの購入だけだとビスが留まらないと思うんで別途購入してくださいね!(それは貼らないんかい)

スポンサーリンク