ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座 練習 おっさん 森田
やまめ乗り解説

ぼくのスケボー:ためすん閣下⑥

f:id:sattin0107:20210228222041p:plain

届いたー!

elosはもう持ってるのでエヴァコラボには「へー」って感じだったのだが、こんな便乗動画出しちゃった手前ノータッチというわけにはいかず、わずかばかりの支援をしていたのだ。

実際スケートツールは持ってなかったからwin-winだったしね。

f:id:sattin0107:20210228223010p:plain

なのになんでMAGNETOについてくるんだよチクショウ。

同じ工具だから当たり前だけどシルエットほとんど変わらんな…

まあ持ってて自慢できるのはelosの方だからMAGNETOのは普段使いのバッグに忍ばせとくか…

そもそも人前でツール使う機会なんてほとんどないけどね。

さて、話は変わってクルーザーオーリー。

サムネでわかる通り前足の位置がかなり改善した。

でも別に膝を出す特訓をしたとかではなく腕の振り方を変えただけ。

具体的には今までの振り方が両手ともチョップだったのに対して左手だけ裏拳に変えた(わかるよね?)

なんかこうすると腕に釣られて足が出るみたい。よくわからんけど。

 

これによって弾くと同時(直後かな?)にノーズを蹴り上げてテールの上昇幅を上乗せできるようになり、今までよりはだいぶ高さが出るようになった。

正直クルーザーオーリーとしてはもうこれでいいんじゃないかという思いもあるが(笑)、オーリーの理想形である(と自分が思ってる)頂点で平行になるオーリーにはまだ届いていない。

 

どうやら頂点で平行にするにはノーズを蹴り上げた上で、前に押す動作が必要なようだ…

正直できる気がしないw

ただ少し前までノーズに足が届く気がしないとか言ってて、一応届くようにはなったので結局やりようなのかなって感じはする。

でも次のデッキはもう少しキックが強いのにしようと思うw

 

…そう。

このデッキもいつか交換する時が来るのだ。

そしてそれは今かもしれない。

f:id:sattin0107:20210301013801j:plain

テールが研ぎ澄まされてる…

これってまだ大丈夫なんですかね?弾けなくなった感はまだないけど…

まあテールが明らかに短くなってきたら替えようかな…

 

で、次のデッキなんですけど、普通のストリートのデッキにしようかと思ってる。

正直今のデッキを買った時は「オーリーできなくても普通のクルーザーとして乗ればいいや」という保険的な意味合いが強かったのだが、自分は割とオーリー適性がある方だ(本当か?)ということがわかってきて、それならもう普通のデッキでいいんじゃないかと思ったのだ。まあ足回りは今のをそのまま使うんだけどね。

だから今よりもっとオーリーに主眼を置いた、でもやっぱりポンピングはできるというボードにしたいと思うとります。

 

でもその場合それはクルーザーなのか?はたまた普通のスケボーなのか?

明日まで考えといてください(酷いオチだ

ぼくのスケボー:ためすん閣下⑤

www.bokusiku.com

f:id:sattin0107:20210223203859p:plain

今日は休みだったのでMAGNETOにがっつり乗ってみたが…まあ普通に乗れはするw

f:id:sattin0107:20210223194613p:plain

ちなみに新・3種のクルーザーで乗り比べた動画も撮ってみたが、あまりに地味なのでお蔵入りにしようと思っているw

乗ってる感覚としては明らかに三者三葉なのだが、傍目には変わんねーわこれ。

 

ただ、一つだけ明らかに違うことがあって、それはチックタック

なんかめちゃくちゃ重いのよ。

f:id:sattin0107:20210223195249p:plain

確かにこの中では一番ウィールベースが長いので回転モーメントがでかいとは思うのだが、それだけでは納得できないほど重い…

ちなみに板そのものはそこまで重くはないです。むしろペニーより軽く感じるくらい。

で、こうして前輪を並べて見てみると下駄クルーザーより後輪が後ろにあるのにテールの端は同じくらいなんだよね。つまりテールが短いのがノーズを振りにくい原因という結論になりました。実際チックタックの動きってテールを力点としたてこの原理なんだよね。まあ普通にウィールベースのせいかもしれんけど。

 

一方MAGNETOの良さが出てると思うのはポンピングで、やはりウィールベースの長さが1ストロークのでかさに繋がっており、ゆったりした動きでぐいぐい進んでいける。

さすがにガッチガチのポンピングカスタムしてる下駄クルーザーには敵わないまでも、これなら普段使いでもポンピングを積極的に入れてっていいと思いましたよ。

 

さて、ここからがメインイベント。

つまり結局オーリーはできるのかということだが…

それは今回お蔵入りした動画の中から該当箇所を見ていただこう。

ねっ地味でしょ?w

この角度だと膝全然出てないのがよくわかるね…

ただテールヒットは割とちゃんとできてるのでオーリーはやろうと思えばできるということはわかってもらえると思う。まあやってる動画見て買ったんだから当たり前だけどね…

というわけで平日はこのMAGNETO、休日は下駄クルーザーでオーリーを練習することで、今までより速いスピードで上達することを期待しています。

まあ実際は普通に乗るだけになりそうだけどね。。。

 

ちなみに今回何時間か乗ってみてやっぱベアリングはクソだということがわかったので(まあABEC5だしね)帰って速攻アームレストクルーザーのベアリングと交換した。

あとブッシュが柔らかすぎると感じたのでそちらもアーム略から拝借。

f:id:sattin0107:20210223211135p:plain

せっかくなのでペニーでもやってる対角ブッシュ構成にしてみる。

一応説明しとくとブッシュを上下一方だけ硬くすることでトラックの可動域を限定するセッティングです。

この板はなるべく弄らずに乗りたいと思っているので(ペニーも最初はそうだったのだが…)ブッシュだけでトラックの動きを変えられるこの手法はうってつけ。

これで長いウィールベースを活かしたポンピングがどう変わるか楽しみだ(結局ポンピングメインになってるのがさすが自分)


ミニクルーザースケートボード Magneto クルーザーショートボード

ところで上の写真見るとぼくのMAGNETOミスプリント(?)してるよね…電球の線が変なところ行ってるし。まあ別にいいけど…

ぼくのスケボー:ためすん閣下④

www.bokusiku.com

f:id:sattin0107:20210221191503p:plain

結局買っちまったぜ!

最近物欲が抑えられなくなってるな…でも、お金ってのは使えば誰かが儲かるから、実は使った方が得なんだぜ。まあ俺がこどおじだから言えることかもしれないけどな。

 

閑話休題、今回購入したのはこちらの27インチクルーザーです。


ミニクルーザースケートボード Magneto クルーザーショートボード

用途は前書いた通り普段使い、あわよくばオーリー練習などもしたいかと。

f:id:sattin0107:20210123123139j:plain

まあ普段使いに関してはアームレストクルーザーが完全にその地位を築いてたんだけど、なんだろうね…ガチで安定感ありすぎて乗ってて楽しくなかったw

こんなふざけたデザインなのによ?世の中わかんないよね。

あと最近プッシュが上達しすぎてポンピングをほとんどしなくなってしまった。

普段乗ってる道はほとんど直線なので、ポンピングしないとなると肝煎りのカスタムRKP+TKPが全く意味をなさなくなってしまう。

だったら移動がてら別の練習もできる板の方がよくね?と思ったわけです。

f:id:sattin0107:20210221191503p:plain

そんなわけで今回このMAGNETOに白羽の矢が立った。

一見デッキテープがないようだけど、ルシッドグリップっていうの?表面に粒粒が吹き付けてあってこれがデッキテープ代わりになってくれます。elosも同じだったけど、それよりは粒の数が多くて普通のデッキテープに近い感じになってる。でも手で触って痛いほどではないので普通に乗ったくらいでは靴にダメージはないと思いたい(願望かよ)

何気にスケートツール付属なのが嬉しい。今までマジでスパナ複数持ちでやってたからね…

とりあえず速攻でキングピンナットを前ゆるゆる、後ろガチガチのポンピング仕様に調整した。ポンピングやるかわからんけど。

f:id:sattin0107:20210221200122p:plain

裏側はこんな感じ。このデザインが購入の決め手になった感もある。

アメリカ製ながらどことなく水墨画的な雰囲気があるよね。

白黒でまとめてあるのも高ポイントです。

f:id:sattin0107:20210221202658p:plain

22インチペニーと比べるとこんな感じ。さすがに27インチはでかいな…

正直な話、事前に買っといたバッグには入りませんでした(笑)

無駄遣いが多いな…

f:id:sattin0107:20210221203200p:plain

でも、最近下駄クルーザーとペニーを入れて運んでるバッグで完全に包めました。

下駄クル入れるとでかすぎて上からはみ出すけどこいつはピッタリだわ。

ただこれを平日用にしてしまうと週末入れ替えるのが面倒だな…下駄クル用の新しいバッグ買おうかな。どうせ公園に持ってくだけだから、もろにスケボー用のバッグでも問題ないしね。

とりあえずこのMAGNETOはこのバッグで運ぼうと思います。

 

ちなみに海外のAmazonでレビューを読んでてやたら目についた「唯一クソなのがベアリング」という評価ですが、ちょっと回してみた感じだとそんなに酷くなくね?って感じです。

こういうのって購入時点ではなるべく動かないようにナットギチギチに締めてるもんだから、そのまま乗って回らない!って言ってるんじゃないかと思うけど。全体的に値段通りのクオリティのボードだし、ベアリングだけケチる理由もないと思うんだよね(ABEC5だけど)

というわけでキングピンナット以外は弄らずに乗ってみようと思う。

f:id:sattin0107:20210216200431p:plain

さて、話は変わってトラッカーのオールドトラックに付け替えた下駄クルーザーですが…うん、やっぱ違いがわからんw

パーツが減ったから弾きの純度は絶対上がってるはずなんだけどね。

まあ既に弾き自体はまあまあできてたから結局前足次第ってことだな。

 

で、その前足だが、色々やった結果膝出したりなんだりする前にまず自分が前にジャンプしなきゃ駄目だということに気付きました。いや前はそうしてたはずなんだけどね。弾きを鍛えてる内に意識が後ろに行っちゃったみたいだ。

まあ自分が前にジャンプするには後ろに蹴らなきゃいけないわけで、結局それって引き弾きじゃないの?とは思うのだが、個人的には自分が前に行くという意識の方がやりやすいです。そもそも引き弾きって概念自体、板が元々止まってるから後ろに行くわけで、動きながらだと板にブレーキをかけるみたいなイメージの違う動作になってしまう(ぼくのイメージが悪いだけかもしれないが)ので、それならば自分がノーズに向かって跳ぶとしといた方が、板の動きによらず一定の動作ができると思う。

実際そう意識することで、前足がノーズに達する頻度が増えてきた。もう少しで納得のいくオーリーになりそうな気がする。そして下駄クルよりノーズが近いMAGNETOではどうなるのか?楽しみである。

 

 

 

…と思ったが。

 

 

f:id:sattin0107:20210221215719p:plain

ノーズの反り始めの位置、ほとんど変わらないんですけど!

f:id:sattin0107:20210221215830p:plain

むしろウィールベースではちょっと勝ってるんですけど!

だまし絵見せられてる気分だわ…

↑27インチボードがすっぽり入るバッグはこちら。開口部は上にありますが、横にチャックがついててそこからも出し入れできるのでオススメ(宣伝)

ぼくのスケボー:ためすん閣下③

さて、いよいよ「最後のお試し」に必要な物資が届いたので実行していくわけだが、その前に経緯を説明しておく必要がある。

f:id:sattin0107:20210216192720p:plain

現状の下駄クルーザーの後ろトラックは、ベンチャーのLoトラックのベースプレートのみをサンダーに交換した通称サンチャー。それにドアストッパーで作ったアングルライザーをかませることで、ポンピングに特化しつつもテールの長さ確保を目指したセッティングとなっていた。実際、ベースプレート変更によってウィールベースは確実に縮みはしたが、劇的な変化とまではいかなかった。

今回さらにテールを伸ばすために新たなトラックを購入しました。

f:id:sattin0107:20210216193440p:plain

トラッカークラシックである。

(この時点であれ?と思った人もとりあえずは流してください)

 このトラックの特徴は横から見れば一目瞭然。 

f:id:sattin0107:20210216193934p:plain

このピボット角!

このようにピボットがひん曲がって入っていることで、ハンガーの動きが垂直に近くなり、デッキの傾きに対して後輪が曲がりにくくなるわけですね。そのためポンピング向けセッティングの後ろトラックにはトラッカーが選ばれることが多いようです。

もちろんぼくもそれを意識してはいますが、あくまで今回の主目的はテールを伸ばすこと。それに関しても抜かりはなく、ベースプレートの端っこギリギリにビス穴が開いているので、テールから離れた位置に取り付けることができます(あれでもこの穴の位置って…と言うのはまだ早い)

f:id:sattin0107:20210216195024p:plain

早速取り付けてみる。割と背が高いトラックなのでアングルライザーは外した。

あれ?でもよく見たら後ろしか止まってない…

そう、実はこのトラック穴がオールドスクールしかないのです(知ってた)

よってこのままでは取り付けることができません。

しかしこれは織り込み済み。ではどうするのか?

f:id:sattin0107:20210216195450p:plain

まあ開けるしかないよね。

後ろだけビスを締めた状態にすることで、残りの穴がガイドとなりDIY素人でも正しい位置に穴を開けることができるのだ。

以前popo師匠と会った時に「ウィールウェルにウィールが来ない」という話をしたらこの方法を教えてくれた。もっともこのウィールウェル自体はおそらくサーフスケートとして組んだ時を想定してると思うので、今となってはそんなに拘りはないのだが、ウィールベースを短くする手段としては有効だと思ったので今回採用することにしました。

上の写真のように一番細いドリルでとりあえず貫通してから5mmで広げるようにするとスムーズに開けることが可能。

f:id:sattin0107:20210216200431p:plain

てなわけで取り付け完了。アングルしてないので思ったほどテールが長くはならなかったが、その代わりライザーパッドを廃したので当初から師匠に指摘されていた力が吸収されてしまう問題に対しては特効薬となった。

てなわけでこのセッティングでオーリー最終決戦(?)行ってきます。

 


トラッカー クラシック 【TRACKER CLASSIC】 スケートボード スケボー ストリート パーク SKATEBOARD オールドスクール パーツ 復刻 単品 カラー:Silver サイズ:EX(126mm)/7.75axle

ぼくのスケボー:ためすん閣下②

ありがたいアドバイスを頂きつつも前足の動きがなかなか改善しない中で、ある疑念が浮かんだ。

そもそも前足を動かすのが遅いのでは?

どっかのハウツーで「弾く頃には前足が寝てるくらいのイメージで」と言ってた記憶があるのだが、そうだとしたらしゃがんでから体が上がってくる間に既に膝が前に出てないと間に合わなくね?

でもそんな器用なことはできないぞ…

こうなりゃヤケだと思って最初から膝を前に出した状態でやってみたら…足が前に行ったw

こんなことでよかったのか…

 

これで上手くいく理由を考察してみたが、一つはもちろん膝が前に出ることによって前足を出しやすくなることなわけだが、よくよく考えたらもう一つの理由がかなりでかい気がした。

f:id:sattin0107:20210214185419p:plain
f:id:sattin0107:20210214185433p:plain

膝を前に出そうとすることで自然と前重心になるわけよ。

(スタンスが全然オーリーじゃないのは気にしないでください)

 

多分今まで一応重心の意識はしてたけど全然後ろだったと思うんだよね。

でも直し方がよくわからんので放置してた。

まあこれが正解なのかはわからんけどこうすることで多少はオーリーっぽい動きになったのでこれで良しとしよう。

f:id:sattin0107:20210214185433p:plain

ってかこの図くらいテールがキックしてれば足置いただけで自然に前に傾くと思うんだけど、ぼくのはそれほどじゃないからそのつもりで自ら傾かなきゃいけなかったんだろうな。かなり盲点だったわ。

てなわけでこの傾きを意識して練習することで前足の動きは改善していきそうだ。

f:id:sattin0107:20210206195517j:plain

さて、オーリー練習の傍ら、まくられなャスター搭載ペニーで遊んでいたわけだが、こっちでも発見があった。

キャスターを斜めにセットするとキックターンがしやすくなる!

そういえば180°ターンを練習し始めた頃はまくられストッパーでターンが止まってしまうことがよくあったなあ…それがキャスターになったわけだから、それは効果あるよね。

180°ターンがしやすくなるのはもちろんのこと、頑張れば360°もいけそうだ。

f:id:sattin0107:20210214195321p:plain

で、頑張ってたらビスがひん曲がったw

回転力強すぎたか…(多分体重かけすぎただけ)

ビスの予備もないし仕方ないのでビスの曲がった方向が後ろになるように調整して乗り直したが、キャスターが少し上を向いたことで、ノーズを上げなければいけない量が増えてしまったw

だがそれが怪我の功名。重心が真ん中に寄せられたことでマニュアル状態で耐えやすくなった(もはやテールブレーキの動きになってる気もするが)

これもいい感じの動きになってきたらまた動画上げたい。

 

さて、そんな感じでお送りしてきましたが(ラジオ?)前回書いた「最後のお試し」はまだ実行してません。

今日頼んだ物資が届かないとできないので多分火曜ですね。乞うご期待。

ってかこの○○ん閣下シリーズいつまで続くんだ…もはや何のネタかわかんないよね

スポンサーリンク