ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座 練習 おっさん 森田
やまめ乗り解説

ぼくのスケボー:直視足元のすべらない板

前回ドルフィンキックが最強と書いたけどやっぱこれも強い。

普通の乗り方だと体重のかけ方は両爪先→両踵になるがこのスタンスだと右足左足の交互になるため、体重は常に両方に乗ってて、その分量を調節する感じになる。

つまり全体として見れば体重は下に向かってるので横にすっぽ抜ける確率は低くなる。

 

ではどうやって体重の分量を調節するのかだが、最近思いつきで書いた股関節で踏むというのがそれです。

f:id:sattin0107:20201014033311p:plain

このように左右の股関節で高低差をつけてやることで体重のかかる割合を変化させられるということですね。

基本的にはこれのみで進んでいくことができます。

だから今回の動画でも脚はあんま動いてないのがわかるのではないだろうか。

 

つまり前回書いた蹴り動作やら前傾姿勢やらをしなくても骨盤をゆらゆらさせるだけでなんとなく進めてしまうのがこの乗り方なのだ。

あれこれLDP最適解では…?

 

まあ実際には骨盤をゆらゆらさせるためにいろんな力を使ってると思うので、別にこれをやれば疲れないというわけでは決してないのですが、オプションの一つとして用意しておくのはアリだと思う。普通の乗り方と併用すれば脚が疲れてきたときの休憩フォームとして使えるのではないでしょうか。

自転車のロングライドでも、ハンドルに肘かけて休んだりとかするよね。ああいうことができると筋肉を休められるのはもちろんのこと、精神的にもちょっと息抜きできる。

やり方

色々書いたけど動画の視点が低すぎてそもそもどう乗ってるのかわからないので図で解説しておきたい。こういうことができるのがブログの利点だよね。

f:id:sattin0107:20201205211943p:plain

まず、普通(かは知らんけど多分普通だと思う)のスタンス。

人によってはもうちょい内側に立つかもしれんけどとにかく足を平行にして乗るいわゆる横乗りスタイルです。

f:id:sattin0107:20201205212428p:plain

この時力の入る場所はこのようになると思う。前足は普通に爪先と踵で曲がるわけだが、これだけだとただ曲がるだけなので、後ろ足で後輪側を押してやる必要がある。つまり斜め下方向に踏むわけだが、この時に後輪がズルッといくことがよくある。

特にお腹側に曲がる時にこれが起こるとアバラ強打必至なのは前回書いた通り。

これではおちおちポンピングなどしていられない。

 

これをなんとかするためには爪先、踵というスケボーの既成概念をぶち壊し、新たなスキームを創造する必要がある(はい?)

f:id:sattin0107:20201205222058p:plain

そこでこれである。

ぱっと見は森田さんのクルーザースタンスに近いというかまんまなのだが、クルーザースタンスは足を縦目に置くことで足の接地面積(ってのはおかしいが他に思いつかん)を上げるという理念なのに対して、今回のは逆に足を盛大にはみ出させるところが異なる。こうすることで土踏まずの端っこの辺りを板のエッジに引っかけて左右からホールドできるようになるのだ。

f:id:sattin0107:20201205225747p:plain

つまりここですね。

曲がる時にはさっきの「股関節の高低差」を利用してこの2点のどっちかを強く踏めばいいわけだが、その際にももう一点の体重は残り続ける(これが重要)

つまり左右からのホールドを維持したまま曲がれるので、後輪が横滑りするリスクを大幅に軽減できる。

あとはフリーになった後ろ足の踵でやんわり踏んでやれば加速する(えー)

ざっくり説明するとこんな感じだと思います。

 

まあ実際このおかげでスリップしないのかATFウィールのグリップ力がヤバすぎるのか定かではないが…w

あとそもそも雨の日に乗んなと言われたらぐうの音も出ない。

予報では晴れることになってたんよ…

ぼくのスケボー:私が思うLDPに最適な動き

今回の動画はスマホの前面カメラ(自撮りに使う方)ではなく背面の広角カメラを使ったので、下半身の動きを割としっかり収めることができた。最初からそうしろ

そこで気になったのがカーブの両端における踏み込み動作である。

ぼくのポンピングは基本的には体重移動で進むものだと思っているが、爪先側(右)に踏む時は膝がピンと伸びてグッと踏み込むような動作が見られる(伝われ)

つまり蹴り動作が入っているように見えるのだ。

それに比べて踵側(左)では割とノーモーションで曲がってるように見える。

では左側では力を加えてないのかというとそうではないと思う。左右どちらに行く時も同じようなウィールの摩擦音が鳴っており、同様に加速してると思われるからだ。

 

要するに、爪先側では脚力を使って加速し、踵側では体重を使って揺り戻すということをしているのではないか。

当ブログでは筋力のポンピングと重力のポンピングを別の流派のように扱っていたので(最近ハイブリッドっぽいのが出てきたが)これは割と新説になる。

では、このようにするとどのようなメリットがあるのだろうか。

それを見ていきたい。

スリップ時のリスク軽減

この動画のように踵側に伸び動作を入れて強く踏み込むと、全身のバネを使って力強く加速することができますが、これができるのは綺麗な路面とウィールのグリップがあってこそだと思う。これがないと怖いのが後輪のスリップで、踵側にズルッと行ってしまうと体が完全に後ろ向きになってしまうため、転倒必至になります。

尻餅で済めばラッキーな方ですが、下手すると上半身から地面にダイブすることがあり非常に危険です(実際これで肩とアバラをやっちまったことがある)

 

その点爪先側へのスリップであれば体は前向きなので、足をついて脱出することも容易ですし、運が良ければ踏みとどまることもできます。

つまり、どちらか一方に力を入れるなら断然爪先側なのだ。

では一方に力を入れるメリットは何なのか?というのが次の話です。

上半身の動きが少ない

この森田さんのポンピングは重力を最大限に活かした非常に無駄のないフォームなのだが、やはり上半身(とりわけ頭)の左右の揺れが気になる。

短距離のポンピングであれば全然問題ないですが、LDPにおいては上半身はできるだけ固定して視線を一定にしておいた方が疲れが出にくいと思う。

 

要するになるべく静止に近い状態をキープしたいわけです。

そこで何をするかというと、上半身は爪先側に、つまり前傾姿勢をキープしておいて、踵側に行く時だけ足を蹴る。そうすると体重は爪先側なので板が勝手に戻ってきてくれると。

これなら左右を意識せずに一方向に蹴ってればいいだけなので反復しやすいし、しんどくないということですね。

ぼくが心の師と仰ぐアガンジュ先輩(勝手に命名)もそういう動きをしています。

いろんなポンピング動画を見たけどやっぱこのフォームが最高だわ。

というわけで皆さんもこのグルーヴ師匠の動画を見て練習しましょう(名称統一しろ)

ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介④2020最新ポンピング向けカスタム(売り切れ対応版)

www.bokusiku.com

こちらの記事で私のelosカスタムを紹介していますが、もう半年以上前の記事なので売り切れになってしまっているリンクがあります。このままでは収益を得ることができないので在庫のあるもので代替品を検討してみます。

f:id:sattin0107:20200823210247p:plain

現在のelos(見づらい)



前トラック

f:id:sattin0107:20200412135815p:plain

そもそもウッディープレス自体が安価なカーバって感じなのでそれがないとなれば本家に行かざるを得ません。いきなり痛い出費だな。これはこれで在庫僅少だしね。

ただまあここはとにかくよく曲がるトラックを選べばいいので別にサーフトラックにこだわる必要はなく、なんならデフォでも十分です。

ちなみに首振りトラックも試してみましたがあれは曲がりすぎて横にしか行けないのでおすすめしません。サーフィンぽくするにはいいのだろうが…

後ろトラック

f:id:sattin0107:20200412142542p:plain

こっちは逆に比較的曲がりにくいトラックならなんでもいいのですが、elosの幅に合わせて広めのものがいいと思います。しかし最近のものは曲がりやすそうなのが多いので私は復刻モデルのやつにしていました。それにしてもどのトラックを見ても残り1個とか2個ばっかで危機的状況ですね…

ちなみにめんどければ上のカーバーをそのまま前後に付けてもOKです(ってかそれが普通)


\楽天スーパーSALE/ガルウィング プロ 3 トラック 【GULLWING PRO III TRUCK】 スケートボード スケボー ロンスケ ロング ボード パーツ 単品 オールドスクール サーフスケート カラー:Silver サイズ:9"

まだ残ってたのでこちらでOKです。

ぼくのスケボー:ラ・フランダース②

いいゾ~これ

 

正直スリップはかなり懸念していたが、実際やってみると全く問題なし。

結局接地面積が広ければどうとでもなるということなのだろう

(というかシャークがポンピング向きじゃないだけっぽいねこれ…)

ウィールが小さくなったことで、心なしか切り返しも鋭くなった気がする。

 

しかしそれ以上に車高が低くなったことの恩恵がでかい。

今回elosと乗り比べたので尚更だが、とにかくプッシュがしやすいのだ。

あまり膝を曲げなくていいのはもちろんのこと、蹴った足もすぐ乗せられる。

ちなみにこの動画とは別にガタガタ道でも乗ってみましたが、プッシュだけなら全然進めました。ドンキのスケボーとか言ってすまん

 

少なくともプッシュとポンピングに関して不満は全くない。

唯一の短所であろう減速のしやすさだが、これは車で言えばエンブレが効いているようなもので、緩やかに減速したい時はむしろ便利だろう。

速度維持したければポンピングしてればいいわけですしね。

最近の日産車にはアクセルを緩めただけで自動的にブレーキがかかるe-Pedalというシステムが搭載されているという。加速と減速というのは元来二律背反で、同時に行うものではないのだから、このくらい単純でいいのだ。

もちろん急停止する時は別の方法が要るけどね。

 

少し脱線しましたが、とにかく今回のウィール換装は大当たりでした。

新しい板を買おうと思わなければこのウィールに出会うこともなかったので、これもオーリーの真似事の成果ということなのだろう。

というわけでここぞとばかりに宣伝しておく(笑)

 

そして宣伝パート2。

ウィールを83mmに替えてからまともに乗ったのは初めてだったけど、これはこれでやっぱ良いな。

やはり最初のプッシュでの加速は重いけど、とにかくポンピングの推進力に極振りしてるのですぐに巡航速度に乗せられる。

前輪のカービングトラックの回頭性で、デッキをあまり傾けずに左右に振れるので体の感覚としては直立状態で進んでるのに近い。後ろ足だけをチョイチョイ踏んで加速してる感じだね。それで全然進めるし、止まらない。

だからこそ飽きて乗らなくなってしまったわけだが(苦笑)、やはり移動ツールとしてはかなりの水準に行ってると再認識。

というわけで移動に最適なスケボーelosをよろしくお願いします(宣伝)

 

まあエヴァモデルが売れたとこでぼくには一銭も入らないけどね。

しかしelos公式チャンネルと相互登録している(これ言うのも久々だな)うちとしては応援したい。

ってかせっかく登録してもらったのにペニーの動画ばっか上げてんの不義理もいいとこだな…w

エヴァじゃなくていい人はこちらから。パチモンが出回ってるけどデッキに滑り止め処理がしてあるのは本家だけだからよろしくね

ぼくのスケボー:ラ・フランダース

これは予想外すぎるw

このブログではすっかりフェードアウトしたelosだが、今後注目度が上がってくることがあれば再登場もあるかも。

 

とはいえ今は目の前のペニーカスタムだ。

f:id:sattin0107:20201126194851p:plain

前回ポチった56mmウィールが届きました。

小せぇー!

ほんとにこんなんで悪路乗れるんですかね?

f:id:sattin0107:20201126195333p:plain

現行のcarver(70mm)と比較。

実際に見ると数値以上の差を感じる。

f:id:sattin0107:20201126203047p:plain

今回は速攻戻したくなっても大丈夫なようにベアリングも併せて購入した。

とはいえ安定のNINJAなのでこのまま行こうと思えば行けると思う。

f:id:sattin0107:20201126203350p:plain

取り付け完了。いや本当に大丈夫これ…?

この小ささはドンキの1000円スケボーを彷彿とさせるのだが…

急に赤が入ったのも気になるし正直やっちまった感があるが、しかし確実に今までと乗り味が変わってくると思うので楽しみではある。

試しに床に置いて片足を乗せてみるとかなり余裕を感じた。プッシュがしやすくなったのは間違いないだろう。

問題はポンピングだが、幅が割とあるので一踏みでズルッといくことはなさそうだけど、カーバーみたいにエッジが立ってないのでガシガシ踏むことはできないだろう。

そこは小径ゆえの加速のしやすさでカバーできることを期待したい。

てな感じで早ければ明日にでも試乗します。

これがうまくいけば83mmを付けたelosと差別化が図れるので、比較動画なども出せるかもしれない。そしてエヴァに釣られた初心者を一網打尽にするのだ

 

スポンサーリンク