ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座 練習 おっさん 森田
やまめ乗り解説

ペニーの最新カスタムで「休むポンピング」が極まってきた

最近ここを更新する気力が全くありませんが、動画に盛り込めなかったことの補足くらいはしておきたい。

鴻巣にちょっとした用があって(何の用かは県民ならわかる人多いはず。そう、5年に1回のアレです)せっかくなので付近のクルージングスポットでも開拓しようかと輪行で来たわけですが、これはビンゴでしたね。

f:id:sattin0107:20211011235413j:plain

コスモスの見頃は10月中旬~下旬らしいので、10/10はギリギリ見頃かな?

まあ実際どうであろうと「おー咲いてるな」くらいしかぼくは思わないのだが…w

本当に事前知識なしでこの場所にブチ当たったので、花の美しさよりその感動の方がでかかった。

ちなみにこの時は下駄クルーザーも持参していたが、やっぱり同じ場所で乗るとうるささがかなり気になった。やはり普通のストリートデッキはクルーザーとして使うにはちと厳しいのだろうか…

というわけで翌週もペニーでのクルージングを選択。正直、LDPするつもりがなければ全然ペニーでいいと思う。でいいというか、途中歩いたりすることも考えたらむしろペニーがベストな選択ではないかと。そうなると気になるのは乗りやすさですがこれについては後述します。

f:id:sattin0107:20211017101831p:plain

その前に今回のルートですが、グーグル先生に道と認識されてないところもあるので不正確ですが大体こんな感じです。

越谷駅で降りてせんげん台から帰る感じですね。実際にはぼくは北越谷からスタートしたのですが、歩く区間がかなり長かったので越谷スタートの方がいいと思う。

今回の動画ではがっつり端折った元荒川緑道は、この位置からだと両岸に道があるのですが、右岸の方はタイル敷きのザ・散歩道って感じの道で歩行者も多く、スケボーで通るのは少し憚られる感じでした。

それに比べて左岸は普通の土手の道って感じで人もまばらなので滑るならこっちでしょうね。自転車もこっちの方が走りやすいはずだが、不思議と全然来ない。それもそのはず、こっちの道には未舗装区間があるのだ。

f:id:sattin0107:20211017103703p:plain

奇しくも来月から施工開始だったので、今回は測量のおっさんを尻目に歩いて通った。

未舗装区間は1kmに満たない程度なので、工事中は一般道を歩いて迂回するか右岸を通った方がいいですね(というか全体的には右岸の方が滑りやすいかもしれない…)

来年4月にはまっさらの舗装路が待っているので、それを待って行くのもいいと思う。

f:id:sattin0107:20211017104953p:plain

未舗装区間を抜け、少し小石の多い道を進んでいるとこの看板にブチ当たる。親切。

点線で示されている、道幅は広いけど路面はあんまよくない道を北上するといよいよ新方川緑道に突入。

f:id:sattin0107:20211017110044p:plain

このように明らかに別の道なので「あ、突入したな」とわかるようになっていますw

ここから先は動画のような道が7~8kmにわたり続いていきます。

この道はとにかくポンピングがしやすかった!路面の良さもさることながら、大体2分おきくらいに横断が入るのでそれがいい感じに小休止になってるのかもしれない。

自転車があまり来ないのもこの横断が理由かもしれない。自転車だといちいち止まって左右見て…ってやるのはだるいけど、こっちは半分歩行者みたいなもんだから、ストップ&ゴーの手間は自転車よりも遥かに少ない(もちろん左右は見るよ?w)

f:id:sattin0107:20211017112126j:plain

そしてその手間をさらに減らすための技がこのオサレピックアップというわけだ(呼び方は適当なので誰かこれってのがあったら教えてください)

やり方は、ノーズとテールに足を置いた状態でノーズ側の足を急にスッと上げると、デコピンの要領でノーズがポンッと上がってきて掴めるって感じです(簡単に言うな)

オーリーの最初の部分だけをジャンプせずにやる感じですね。上手くいくと動画のようにノンストップで歩きに移行することが可能。

コツはノーズを少し背中側に向けて飛ばすことです。そうすることで前足側の手でノーズをキャッチしやすくなるとともに、自分もデッキから降りやすくなりスムーズに歩きに移行できます。

あとは前足をこれでもかというくらいの勢いで上げることです。そうしないとノーズが十分上がって来ず掴み損ねてしまいます。そんなに吹っ飛ばしたらペニーがどこに行くかわからなくて危ないと思うかもしれませんが、むしろその逆で、ノーズが上げられないとペニーだけが前に滑走し続けてしまうのでどこに行くかわかりません。ノーズが上がりさえすれば、掴み損ねてもペニーはフリップ回転して倒れていくのでむしろ倒してやるんだというくらいの気持ちで上げていきましょう(デッキがボロボロになるけど…w)

 

てな具合で動画で説明できなかった部分を書いていきましたが、まだこの記事のタイトルを回収できてないですね。でも長くなってしまったのでそれはまた次の記事で(もう本当にまとめる気力が…)

近況②

最近ここの運営がとても御座なりになっているのでもしかしてこいつスケボー飽きたんじゃね?と思われるかもしれませんが、むしろその逆で、スケボーに乗るくらいしかやる気がしないため、今もやっとの思いでキーボードに向かっている状況です。(大丈夫か?)

不思議なのはこんな状態でも安定して一日100PVくらいは稼いでるんだよな…まあ一番見られてるのは全く役に立たないシフトレバーの記事だけど…

 

まあそれはいいとして、まずは前回書ききれなかった近況の続き。

f:id:sattin0107:20210808114322j:plain

ペニーは緊急移動手段として使ってるという話はしたが、じゃあこっちの下駄クルーザーはどうなのかというと、まあ土曜日にはほぼ一日中乗っております。

ただ最近はクソ暑かったのと月曜に疲れを残したくないという理由で日曜は自粛しています。余裕があればできるだけ乗りたいんだけどね。

 

でやってることはほぼほぼオーリー練習で時折ポンピングを挟むといった感じ。

ペニー越えをしてから半年近く経っているのでさぞかし高くなっているだろう…と思われるところだが、残念ながらあれ以来低空飛行を続けており、ペニーの高さを安定して飛べるレベルにすら達してないのが現状。ってかマジで十回に一回くらいしかテールが上がって来ん…

これに関しては俺が下手糞なのもあるのだが、この三代目下駄クルになってから既に4か月が過ぎたことで、透明デッキテープのグリップ力が落ちてきたのと、テールがすり減ってきたのが原因かもしれない。しれないというか、実は既に4枚目のデッキを買って試したのだが、やっぱり新品+普通のデッキテープの方が高さは出やすかったです。ただ、どうしてもこの三代目への愛着が捨てられず元に戻してしまった。今回はテールがスクエアになるまで乗りたいと言ってたしな。

 

そんなわけで道具のせいにしないで自分のスキルを磨く方向にシフトしたのだった。

まあ最初はもっと無理ゲーなセッティングでやろうとしてたしね…

一応今の状態でも何十回に一回はテールが後ろ足にピタッと吸い付くこともあるのでそれを再現できるようになったらまた動画上げようと思います。

 

…と、今回はここまでが前置き(長いよ)、今日も多分に漏れずいつもの公園でオーリー練習をしていたら(正確には息抜きにペニー乗ってたら)またまたpopo師匠が来場。前回追い撮りをしてもらってからおよそ3ヶ月…と考えると意外に短いけど動画で見てないからめっちゃ久々に感じるな…

曰くここにはたまに来るけどいつもスケーターがいないのでついにスケボー禁止になったかと思ったくらいだ、と。確かにオリンピック直後の賑わいは鳴りを潜めましたね。やっぱあの時期だと猛暑とオーリーできないのダブルパンチで即やめた人が多そう。

今でもスケーターが増えてくるのは日が沈んできてからだし、完全に沈んでしまうと広場の大半は暗闇になってしまうので、もう少しはこの状況が続きそうですね。

まあ木陰から出たり入ったりしてる俺みたいのもいるのだが…w

f:id:sattin0107:20211009212235j:plain

さて、前回の師匠は直近の動画にも出てくる木のクルーザーに乗っていたのだが、今回はその時に話していたYAMBAのミニクルーザーを見せてくれた。

これは欧州スポーツ用品大手Decathlon(デカトロン)のスポーツ専門ブランドOxelo (オクセロ) (←ここはコピペなので間違ってないはず)のスケボーで、あっちではミニクルーザーといえばこれというくらいメジャーな存在だとか。ペニーがグローバルスタンダードだと思ってたけどそういう勢力圏があるのは面白いね。

f:id:sattin0107:20211009213433j:plain

ぼくのカスタムペニーと比較したところ(師匠の手が写ってますw)

全長は同じくらいだけど、ウィールベースはペニーの延長カスタム(これに関しては説明が面倒なので過去記事か動画を見てください←えー)をしたのと同じくらい、つまり初期状態のペニーより長くとられている。そもそもこのタイプのクルーザーはノーズなどあってないようなものなのでこっちの方が合理的な気がする(自分がエンドオーバーできないのもあるが…w)

f:id:sattin0107:20211009214302j:plain

そしてここが最大の違いなのだが、YAMBAの方がデッキが分厚く、グラスファイバー配合なので剛性が高いという。実際少し乗せてもらいましたが、確かにプッシュ時の安定感は木のデッキに近いものを感じた。反面デッキがしならず重いので高速走行には向かず、ゆったりクルージング用にしていると師匠は言っていた。まあミニクルーザーなんて歩くより速ければ御の字だとぼくは思うのでこれまた合理的だろう。

ここまで聞くとペニーより全然いいじゃんと思わなくもないが、話はそう簡単ではなくこのボードはトラックが弱点で、ジャンプ台で跳んだら一発でシャフトが曲がったとかw

さすがにそれは耐久テストが過ぎると思うが(笑)、とにかく足回りはあまりよくないらしい。f:id:sattin0107:20211009220648j:plain

そのため師匠はトラッカーの幅の狭いトラックに換装しているのだが、これはこれで曲者で、同社のトラックはエンドの処理が雑でウィールが止まってしまうため電動ドライバーを使って表面を削ったとか。

f:id:sattin0107:20210808133131j:plain

ぼくも下駄クルーザーの後ろにトラッカーを付けてるけど、確かに工業製品っぽくないというか(クラシックって名前だからさもありなんだが)精密さはない気がする。

でもだからって自分で加工しようとは思わないw(板に穴は開けてるけど)

まあそういう作業の手間とかトラックの追加購入を考えても、このYAMBAのボード自体は6千いくらで売ってるので、デッキを買うと思えば全然安いとは師匠の弁。実に。

ペニーを超えるミニクルーザーを組みたい人は検討してみてはいかがでしょうか(アマゾンと楽天になかったので広告は貼りませんw)

f:id:sattin0107:20211009225053j:plain

今回もう一つ見せてくれたのが錆びないベアリング

www.nskmicro.co.jp

元は海水にさらされる釣具などのために作られたベアリングだけど、丸洗いできるのできたない路面で乗ったりもするクルーザーにはうってつけというわけですね。

(師匠はメンテのためにシールドを片方外してるけど本来は密閉されてるそうです)

ぼくはペニーは雨天で乗ってそのままバッグに入れちゃったりするので、まずベアリング以外のとこが錆びまくっているのだが、ベアリングだけでも死守したい思いはあるので是非とも購入を検討したい。しかしこれもスケボーサイズの販売ページが見つからないので広告が貼れません。ファック。

 

あいにく今日は当方に予定があり30分くらいしか話す時間がなかったが、色々有用な情報を聞くことができた。コロナもだいぶ落ち着いてきたので次はクルージング中にばったり…なんてことがあったらいいと思いますね。

f:id:sattin0107:20210808133131j:plain

さて、次回はいよいよ我が愛用の下駄クルーザー、ウィールバイトどうしてるのか問題に触れていきたいと思います。つってもまあキングピンナットがっつり締めてるだけなんだけど(自ら企画倒れにしていくスタイル)

それによって副次的に起こる効果を30秒で解説します。あるいは全然関係ない話をします。お楽しみに。

近況

長いことここを放置していたのでその間の出来事というか近況を書いてみる。

ペニー

相変わらず平日の緊急移動手段として使っております。これはさすがに下駄クルーザーではデカすぎて無理なので当分は変わらないであろう。

そういえば一時期27インチのウッドクルーザーを使ってた気がするけど気のせいです。

あれは一応ノーズキックがあるので移動しながらオーリー練習ができるかと思って買ったのだが、さすがにそれは無理があったし、それ以前に滑走音がうるさすぎるという致命的な弱点があった。もしこれからクルーザーを移動に使おうという人がいるなら「木のデッキはやめとけ」と個人的には言いたい。そのくらいうるさいと感じた。

f:id:sattin0107:20211003185106j:plain

ペニーの話に戻ると、一時期テールに付けてたハンマーキャスターは外して、過去に一瞬だけ使ってたまくられストッパー(小)に戻しております。

(これもブログでは言及してないのにびっくり)

(小)にしたのは、さすがにもう普通に滑っててまくられることはないだろうというのと、このピックアップをやるのになるべくデッキが立ち上がってくれた方がいいので、申し訳程度のゴムにした。どうせテールブレーキとかはできないのでこれでいいだろう。

そういえばこの動画で森田さんのテールのアレもブレーキのためではないと言ってましたね。

まあ前の動画で見ても全然削れてる様子がなかったからそうだろうとは思ってたけど、多分これで止まるんだと思ってる人は多いと思うので逆宣伝とも思えるようなことをはっきり言ってしまうのは潔いなと思った(偉そうだな)

f:id:sattin0107:20211003185145j:plain

もう一つの未公開カスタムとしては、一部では「逆ネジ」と呼ばれるナットを上にしてトラックを止めるカスタム。これを今までは前トラックの後ろ側にしていたものをノーズ側に移動、さらに2個に増やした。

これは前トラックを穴1個分ずらして取り付ける「ウィールベース延長カスタム」をしたことによって元の位置にナットがつかなくなったのでこっちにした。トラックが前に出たことにより前足の置き場所も少し前になったので、この位置でも十分滑り止めとして機能はする。ただし片側だけだと結構踏み外すことが多かったので左右にした。

これなら結構がっつりプッシュしても足が前にずれていかないのでポンピングはそんなにしないよって人でも恩恵を受けやすいカスタムだと思います。

かくいう自分も最近はペニーに乗ってる時間の半分以上はプッシュしてるような感じになってきている。このブログでは設立以来2年以上にわたって(何気に今月で3周年らしい…)ポンピングの魅力を布教していたが、普通にプッシュができるならプッシュの方が速くて楽なのは否定できないと今は思っているw

ただポンピングにも横乗り状態をキープできる、転がり抵抗の影響を受けにくい(これは微妙かも)といった利点はあるので、両方できて使い分けられるのがベストだとは思う。

 

てなわけでペニーには普通に乗ってるよって近況報告で、次は下駄クルーザーの報告になるのだが、長くなってきたので次回で(そればっかだな)

 

てかサラッと書いたけどもう3年になるのかここ…

始めた時はスケボーのことなんてポンピング楽しいよ!で終了だと思ってたよ。

…いや今も大差ないかw

森田さんとこのポンピング実演動画を見る

死ぬほど放置してたけどさすがにこれに反応しないわけにはいかないので帰ってきた。

で、見た感想としては「そういう考え方もあるのか」って感じ(偉そうだな)

前回記事で言ったように体を傾かせて斜めに踏んで…って説明になるかと思ってたけど全然違った。動き的には俺がやってるのと変わらないと思うので、同じものを見てて視点が違うだけだとは思うのだが。

 

1:00頃からのブッシュとウィールの反発で…って説明は、より加速するためには重要なことだけど、これが進む原理かと言ったら違う気がする。

例えるならカツ丼の説明をするのにごはんの話をしてないみたいな(なんだそれ)

じゃあそのごはんの部分は何なのかというと、やはり俺が散々言ってる「後輪でプッシュして前輪で進む」、つまり作用反作用の法則なんじゃないかなぁと。

ポンピングを「チックタックのノーズ浮かさない版」と考えるなら、トラックそのものの動きは必須要件ではないことがわかるはず。サーフスケートなんかほとんどデッキ傾けなくても首振りトラックの旋回だけで進めちゃうわけですからね。

 

ただこの「後輪でプッシュ」と言うのがイコール後ろ足で踏むというわけではないということは今回の動画でよくわかったw

俺のポンピングは完全に後ろ足偏重なので(両足交互とかも一時期やってたけど)前足一本でポンピングなんて逆立ちしてもできない(そりゃそうだ)

こっちの動画では逆に後ろ足一本でやったりもしてるので、前か後かというのはあまり関係なくて「体重をかけて曲がる」という動作自体が「後輪でプッシュして前輪で進む」効果を生み出してると考えた方が自然かもしれない。

もしくは俺が考えてる原理自体が間違いかもしれないw

まあ原理なんてわからなくても結局やってみて進みさえすればいいので、そういう意味では今回の動画みたいにトラックの反発!でいった方が結果的にはいいのかも。

ただそれが原理って言われるとん~?ってなるw

でもこのイメージでやってみたらどうなるのか試してみようと思う。

 

ところで今回1か月半のブランクを破るにあたり直近の記事を見返してたら前々回の記事がおもっくそ「続く」になってることに気付いたw

でもめんどいのでその続きはまた次回で(えー)

多分こうすれば乗れるクルーザー(スケボー)の解説

何故上げたし

まあスケボーブームに便乗したと言ってしまえばそれまでなんですが、世に溢れてるハウツー動画はやっぱり普通に上手い人がやってるので「それができたら苦労しないよ」な内容だったり「こういう動きはダサいからこうしましょう」みたいな教え方だったりするので、ぼくはもっとエッセンスというか「ここさえ押さえればOK」ってポイントを意識した。

具体的に一つずつ解説していきます。

ここでのキーワードは行進。というよりは足踏みと言った方がいいかもしれない。

行進の時は普通の歩き方より地面についた足のウェイトが大きくなるので、プッシュ時の板に体重を残す感じを掴みやすいと思う。

 

ぼくはこれが理解できてなくて長いことプッシュには苦労した。

できるようになったのはオーリーの練習を始めたことで前足で体重を支える必要性が生じたからだった。プッシュもままならない内にオーリーをやり始めるのはよくないとされているが、自分の場合はそれがプラスに働いたようだ。

もっともぼくの場合はその前にポンピングを2年間やってたので、一般論とはかけ離れた存在になってると思うが。ただ、ポンピングをやるにもやはりプッシュで初速を付けてからの方が気持ちよく入れるので、ぼくみたいにポンピングがやりたくてミニクルーザーを買ったとしても、やはりプッシュは最初に練習しといて損はないと思う。

その時にこの動画が役に立ってくれれば幸いです。

ここではチックタックで通常意識するノーズを振るというイメージにメスを入れた。

もちろんノーズを左右に動かさなければ進むことはできませんが、そもそも進むということはプッシュと同じように地面を押して反作用を受けることであると考えなければいけません。となると、実際にそれを行っているのはノーズを振る際に地面と接している後輪であり、すなわちテール側の動きであると考えるのが自然なのです。

 

これはなかなかイメージしづらいかもしれませんが、走る時を考えてみるとわかりやすい。走る時は足を前に振り出して進んでるけど、実際に推進力を生んでるのは地面を蹴ってる方の足ですよね。だから後ろ足の動きが重要ということになるのです。

そしてポンピング。今回はジャンプ+肩出しということになったが、別に腰を出す方法が間違ってるわけではありません。実際ぼくもよく使うし(特に自撮り棒使ってる時は肩を揺らすなんてできないので)

ただ今回説明したような体重を斜めにかけるという路線でいくなら多分これが一番早いと思います。全身が斜めになるわけですからね。

見た目的にも、屈伸運動が発生せずほぼ直立に近い形になるのでシャカリキ感がなくスタイリッシュ。森田さんのところで実演動画が始まったけど、ポンピングまでやるとすれば多分これに近いやり方が出てくるんじゃないかと。お楽しみに(どんな楽しみ方だよ)

 

どうでもいいけど今回の動画を上げるにあたっていろんな基礎のハウツー動画を見たら「プッシュ」のアクセントが全部自分が思ってたのと違って驚いたなど。プッシュはプッシュでいいと思うんだけどなあ…(何言ってんだ)

スポンサーリンク