ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座
やまめ乗り解説

ぼくのスケボー:僕六輪のポンピング講座の解説②

続きです。

サーフスタイル(?)

まずぼくはサーフィンに全く詳しくないのでこのネーミングは完全にただのフィーリングだということは言っておきます。

今見るともう少し肘を上げた方がそれっぽかったかもしれない。

で、こうすると何がいいかというと動画にもありますが見た目がよくなることです。

多分それ以外は基本形+αと同じだと思います。

 

前から言っているようにぼくのポンピングは基本的に下半身の動きなので腕の振りが直接スピードや効率に寄与することって多分ないと思うんですよね。

だから次のもどうなの?ってことになりますが…

ピンクのおっさん(?)

まあ速くなってはいるんですよ。でもそれって結局下半身が速くなってるだけじゃね?っていう…

ピンクのおっさんというのは言うまでもなくこれ↓のことなんですが

こうして見ると動きのキレが全然違いますね。

というわけでぼくは論じるレベルに達してないかもしれません。すみません。

8の字ポンピング

これはネーミングに迷ったのですが、つまり腰を左右に振ることで体重移動を生み出しているということになるかと思います。

今までのポンピングと違い膝の動きがほとんどないのがおわかりでしょうか。

その分踏み込みが浅くなるのでスピードは出ませんが、筋力をほとんど使わないので疲れてきた時などには非常に有効だと思います。

この動画を紹介した時に肩から上が動いていないことをポイントとして挙げましたが、改めて見るとこの人の動きも膝の屈伸はあまりなく腰の振りに重きを置いている感じがしますね。

 

ポンピングは左右の動きですが、重要なのは直進していくことなので左右に動かす部分と慣性で進んでいく部分を意識することが効率に繋がります。そのためには動きの支点をどこに置くかが重要になってきます。

ぼくの基本形だと動きの支点は膝や腰ですが、このポンピングでは肩が支点になるということですね。

この「動きの支点」を考えながら色んな人のポンピング動画を見ると面白いと思います。

足首ポンピング

支点どこだよ。

ウンコ座り

何も言うことはありません。

スポンサーリンク