ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座 練習 おっさん 森田
やまめ乗り解説

ぼくのスケボー:へるるん閣下②

よっしゃ!このデッキでクルーザーならぼくのもクルーザーだな(必死か)

でもテールが減りすぎて逆にクルーザーらしいシェイプになってるのは面白い。

ぼくも二代目はこのくらいになるまで乗ろうかな…

 

そして「バラバラなのが愛着がある」それなすぎる。

下駄クルも最初こそ前後同じトラックだったけどやっぱそれだと「出来合いのものに乗らせてもらってる」感があって自分のものって感じがしないんだよなあ。

いきなり変なデッキ選んだのもそういう理由がある。

f:id:sattin0107:20210328194336j:plain

でもセッティングをオーリーに寄せてくうちにデッキは普通になり、逆にトラックは前後バラバラに。多分こんな構成他にはないだろう…なんか謎の寒天挟まってるしw

そんなわけで今はとても愛着のあるボードになりました。

 

じゃあデッキやトラックの変更が効かないペニーなんかには愛着がないのかと言ったらそんなことはなくて、まくられストッパーという独自のカスタムもしたし、それがなくてもいっぱい乗ったのでやはり愛着はある。結局カスタムは愛着の一要素にすぎないということなんだよね。

最終的に何が言いたいのかあやふやになってしまったが、まあスケボーの楽しみ方は人それぞれってことでここはひとつ。

てなわけでカスタムに拘りのない人はコンプリートを買いましょう(結局宣伝かよ)

スポンサーリンク