ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座 練習 おっさん 森田
やまめ乗り解説

ぼくのスケボー:チックとターンと私②

要は腕振ること覚えたってことやね。

具体的には後ろから飛んできたテニスボールをワンバンで打つ、的なイメージ。

こうすることで180°ターンに必要な上半身の回転及び体重移動を再現できる。

 

そもそもポンピングではあんだけ腕腕言ってたのにチックタック始めた途端鳴りを潜めてたのがおかしかった。

今回カヌーメソッドを掘り起こしてきたことでそれに気付けた感がありますね。

 

でそのターンはどうかと言うと…やっぱり止まるのはどうにもならんのかね?

後輪が結構転がるようになってきたからそのままいけるのではないかと思ったけど、上半身を静止させてそれを軸にして回してる以上止まるのは仕方ないのかもしれないな。

まあ止まった時点で反転できてれば動画でやってるみたいにプッシュで再加速すればいいので実用的には問題ないんですけどね。

 

てなわけで180°ターンに関してはとりあえず完結でいいと思う。

一つのヤマだったテール擦りターンがクソみたいな結果だったのは悔やまれるが…

ただまあ今回のターンでも偶発的に擦れはしてるので一応機能はしてるかな…

逆に止まりたい時はめっちゃノーズ上げながらターン(語彙)すれば上手い具合にエネルギー損失して止まるのでウィリーで止まるより経済的かもしれない。

 

とりあえずこの後どうするかだが、とりあえず一つの目標としてエンドオーバーがあるので、背中側の180°もマスターせにゃなあ…

と言いたいところだが、実は既にできた。

腕振りの効果すごすぎるわ…

まあノーズ軸で回すのが普通に無理ゲーなんですけど

 

スポンサーリンク