ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座 練習 おっさん 森田
やまめ乗り解説

ぼくのスケボー:忍者 meets 忍者

最近またポンピングの動画を上げ始めて、他の人の動画も見たりしてるのだが、一つ思ったことがある。

うわっ…私のポンピング、遅すぎ…?

 

足元動画だと割といい感じに見えるのだが引きで撮るとくっそ遅い。

自分の中で最速と思っている交互踏み最大ピッチでもこの程度だ。

まあアングルとか曲がり方とかもあるのだろうがあまりに迫力がなさすぎてお蔵入りにしてしまった。

(ポンピングの「必死感」を消すというテーマで↑が必死なやつという体でした)

せっかくチャリで一時間以上かけてここまで行ったというのに…

 

くやしすぎてこんなものをポチってしまった。

f:id:sattin0107:20200724214659p:plain

なんとペニー本体と同じくらいの値段のベアリングだ。

流石に無駄だろう…と思ったが今世の中がこんな状況なので少しでも経済回そうと思ってぶっ込んだ。

f:id:sattin0107:20200724214910p:plain

このベアリングにはシールドがないが、リテーナーがシールドの役割を果たしてくれることでシールドレスの宿命である砂やホコリウェルカム状態を克服してるようだ。

これはクルーザーにも向いているのでは?

左の安い方でも全然いいと思ったのだがせっかくなら違いがわかりやすい方がいいと思い最高級品を選んだ。こうしてネタにもできているしな。

f:id:sattin0107:20200724220300p:plain

というわけで決して用途外ではないと信じたい。

f:id:sattin0107:20200724220432p:plain

開封。ぱっと見にはシールドが付いてるように見えるがこれがリテーナーということらしい。なるほど確かに逆側はボールがむき出しになっている。このむき出し側を内側にして装着することでシールドがなくてもホコリをシャットアウトできるということか。

 

とまあ御託はこのくらいにして実際どんだけ回るのか試した。

すげぇwww

ペニーの元のベアリング(左)も全然悪くはないのだがこれはもう別格ですね。

てかもうこれプッシュだけで進めね?(本末転倒

 

とりあえずこれでハード面で言い訳できなくなったので勢いのあるポンピングの練習します…

スポンサーリンク