ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座
やまめ乗り解説

ぼくのスケボー:とある台湾の電動滑板

こんにちはsattinです。

最近elosの記事をあんま書いてないですがまあネタ切れですね。

(一個保留してるのがある気がするが気にするな)

こういう時に役立つのがYouTubeで適当に動画を探して紹介するだけでそれっぽい記事ができてしまいます(最悪)

www.bokusiku.com

↑の記事もそのようにして出来たものです。

 

今回はelosの話題なのでelosで検索してみるとやたら漢字が出てくることに気が付きます。(その前にぼくの動画がガンガン当たってきて困るのだが)

どうやらこのelos、台湾でかなり流行しているようなのです。

それはそれで結構なことなのですが、よく見ると書いてあるのが電動滑板の文字。

台湾ではelosにモーターを付けて乗っているらしい…

f:id:sattin0107:20190428154911p:plain

そんな無粋なものを!

とぼくなどは思うのですが…

スケボーは一般的にはプッシュで進んでいくものなので、それを面倒だと思ってしまうのは仕方ないのかもしれません。

しかしelosポンピストを自称する(初めて聞いたぞ)ぼくとしてはプッシュも電気もなしで進めるポンピングをもっと広めていきたい。

そこで今回はelosでポンピングをしている動画を頑張って探して来ました。さっそく見ていきましょう。

短い動画ですが、かなりスムーズにポンピングが出来ていますね。

これならどこまででも進んでいけそうです。

歩行者の間を縫っても全然邪魔に見えないところもelosの利点でしょう。

こちらは進んではいますが若干安定感に欠けますね。

原因としては以前の記事でも言及しましたが上体が起きていることかと思います。

左右のバランスが取れていないため体が左右に動いてしまうわけですね。

まああんまディスるのは良くないけど比較動画として上げてる以上「elosはこんなもん」と思われるのもどうかと思いますしね…(自分も似たことしてるぞ)

こちらはなんと国内動画(撮影者は外国人)です。一応elosを移動用に使ってるぼくですがこの往来の中を滑ろうとは思わないわー(歩道に一人でもいたら歩いてしまうチキン)

この人はプッシュの惰性を持続させるためにポンピングを入れてる感じですね。このくらいが一番疲れが少ないのかもしれません。

こちらはelosではありませんが、単純にポンピングがくっそ上手いので紹介したい。

こんな感じでやればelosでもグイグイ進んでいけると思う。

最後はこれ。ポンピングというか下ってるだけっぽい気もしますが、elosの旋回性能の高さがよくわかりますよね。

あとBGM吹いた。四輪駆動しねーからこれ!

スポンサーリンク