ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座 練習 おっさん 森田
やまめ乗り解説

ぼくのスケボー:ためすん閣下⑥

f:id:sattin0107:20210228222041p:plain

届いたー!

elosはもう持ってるのでエヴァコラボには「へー」って感じだったのだが、こんな便乗動画出しちゃった手前ノータッチというわけにはいかず、わずかばかりの支援をしていたのだ。

実際スケートツールは持ってなかったからwin-winだったしね。

f:id:sattin0107:20210228223010p:plain

なのになんでMAGNETOについてくるんだよチクショウ。

同じ工具だから当たり前だけどシルエットほとんど変わらんな…

まあ持ってて自慢できるのはelosの方だからMAGNETOのは普段使いのバッグに忍ばせとくか…

そもそも人前でツール使う機会なんてほとんどないけどね。

さて、話は変わってクルーザーオーリー。

サムネでわかる通り前足の位置がかなり改善した。

でも別に膝を出す特訓をしたとかではなく腕の振り方を変えただけ。

具体的には今までの振り方が両手ともチョップだったのに対して左手だけ裏拳に変えた(わかるよね?)

なんかこうすると腕に釣られて足が出るみたい。よくわからんけど。

 

これによって弾くと同時(直後かな?)にノーズを蹴り上げてテールの上昇幅を上乗せできるようになり、今までよりはだいぶ高さが出るようになった。

正直クルーザーオーリーとしてはもうこれでいいんじゃないかという思いもあるが(笑)、オーリーの理想形である(と自分が思ってる)頂点で平行になるオーリーにはまだ届いていない。

 

どうやら頂点で平行にするにはノーズを蹴り上げた上で、前に押す動作が必要なようだ…

正直できる気がしないw

ただ少し前までノーズに足が届く気がしないとか言ってて、一応届くようにはなったので結局やりようなのかなって感じはする。

でも次のデッキはもう少しキックが強いのにしようと思うw

 

…そう。

このデッキもいつか交換する時が来るのだ。

そしてそれは今かもしれない。

f:id:sattin0107:20210301013801j:plain

テールが研ぎ澄まされてる…

これってまだ大丈夫なんですかね?弾けなくなった感はまだないけど…

まあテールが明らかに短くなってきたら替えようかな…

 

で、次のデッキなんですけど、普通のストリートのデッキにしようかと思ってる。

正直今のデッキを買った時は「オーリーできなくても普通のクルーザーとして乗ればいいや」という保険的な意味合いが強かったのだが、自分は割とオーリー適性がある方だ(本当か?)ということがわかってきて、それならもう普通のデッキでいいんじゃないかと思ったのだ。まあ足回りは今のをそのまま使うんだけどね。

だから今よりもっとオーリーに主眼を置いた、でもやっぱりポンピングはできるというボードにしたいと思うとります。

 

でもその場合それはクルーザーなのか?はたまた普通のスケボーなのか?

明日まで考えといてください(酷いオチだ

スポンサーリンク