ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座 練習 おっさん 森田
やまめ乗り解説

ぼくのスケボー:掘るるん閣下

下駄クルーザーをポンピング仕様にするために取り付けたアングルライザーによって車高が上がってしまい、難度が跳ね上がったオーリーに限界を感じていたが、ここであることを思い出した。

前回話題に上がったぼくの初めてのスケボーBanana Boardのことだ。

f:id:sattin0107:20200305203327p:plain

元々移動手段としてこのBananaを購入したぼくはいの一番にポンピングを修得するが、早々に推進力の壁にぶつかることになる。そこでアングルライザーの存在を知り購入するのだが、Bananaのビス穴には合わないことに気付き絶望する。なにせ当時唯一持ってたスケボーがそれだったので、普通のトラックのサイズなど知らなかったのだ。

 

無論、Bananaの規格に合ったアングルライザーなど存在しようはずもないのだが、当時のぼくはそこで諦めなかった。

なければ作ればいい。

f:id:sattin0107:20191109224938p:plain

DMM3Dプリントを利用してアングルライザーを自作したのだった。

こうして思い起こすと当時のぼくの情熱たるや。よっぽどプッシュができなかったんだねぇ…w

 

そしてあれから3年ばかり経った今、またぼくはアングルライザー問題に直面している。今必要なのはなるべく車高が上がらないアングルライザーだ。どうやら海外に目を向ければそういうのもあるらしいが、自分には手が届かない。

ならばやることは同じである。

下駄クルーザーのアングルライザーを自作する

Bananaの時は3Dプリンターという手段をとったが、実はもっと単純な方法がある。アングルライザーっぽい形のものを加工して使えばいいのだ。今回ぼくが選んだのはこれだ。

f:id:sattin0107:20210103193703p:plain

ドアストッパーである。

島忠ホームズで買ってきました。

これはドアと床の間に挟んでドアが勝手に閉まらなくするもので(この説明いる?w)あらゆるドアに対応できるよう先細りの楔形となっている。まさにお誂え向きだ。

4個あるのは幅が狭くて1枚ではベースプレートをカバーし切れないためだ。

f:id:sattin0107:20210103194204p:plain

試しにトラックにあてがってみる。いい感じだ。

横幅は少し広いが、縦はドアに引っかける部分にぴったりハマった。

f:id:sattin0107:20210103194615p:plain

実際に取り付けできるようにドリルで穴を開けた。後ろは逆に付けるので穴の位置が違うのが重要ですよ。

この辺の作業はペニーにまくられストッパーを付けた時にやっていたのですんなりといった。

まくストはきっちりド真ん中に付けなきゃいけないけど、こんなのはビスさえ通ればなんとかなるので思い切りよくいった。ってかよくあんなとこに穴開けたよな自分…

f:id:sattin0107:20210103195158p:plain

そして完成。さすがに素人DIYなので左右でミリ単位のズレが生じてしまったが、これが滑りにどう影響するか。

f:id:sattin0107:20210103195435p:plain
f:id:sattin0107:20210103195450p:plain

今までのライザーと比較すると、後ろ側の高さはそんなに変わっていないが、前が極薄になっているのがわかる。つまり車高を下げつつ、アングル効果を増すことに成功した。これは会心の出来だね。

実際に床に置いて上に立ってみると、ミシミシいったりすることもなく普通に乗ることができそうだ。そして車高はなんとペニーより少し低くなった(ペニーのウィールが5mmでかいのもあるが)

オーリーが少しでもやりやすくなればと実施したカスタムだったが、これはプッシュやポンピングにもいい影響がありそうだ。正直それだけでお釣りがくる(予防線張ってんじゃねぇ)

正月休みもあとわずかとなったが、最後にドデカい花火が打ち上がりそうだ。乞うご期待(とか言って速攻ヒビ入ったらどうしよう…w)追記:大丈夫でした


八幡ねじ ドアストッパ-ワイド トーメイ

 

スポンサーリンク