ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座 練習 おっさん 森田
やまめ乗り解説

やってまっせのコーナー

弾きだけは安定してきたのか割とコンスタントに浮くようにはなってきたが、やっぱ膝が全然出てない…

で思ったのが上半身おかしくね?(今更?)

右手を後ろに引いて左手は前に出てる。

つまり上半身全体で見ると進行方向と逆に回ってるわけで、おそらく腰を捻ることで下半身との帳尻を合わせてるんだろうけど、これだと膝の可動域に限界が出てしまう。

これを最低でも真横、できれば前を向いて跳べるようにしたい。

そうすれば膝を前に出しやすくなるはずだ。

 

というわけでまず腕の振り方を矯正する必要があるが…そもそもどうしてこうなった?w

オーリーの理想の腕の動きはどどんまいだとこのブログでは言ってたはずだが…

右手は後ろに行ってるのでとりあえずいいとして(角度がやべーけど)左手は早急になんとかしたい。

あるいは左右を逆にするという手もあるかもしれない。そもそも左右で腕を振る方向が逆になったのはバランスを取るためっぽい気がする。

例えばこの時なんかはちゃんと両腕とも後ろに引いてるけど着地にことごとく失敗している(特にケツ側に行ってしまうことが多かった)

それを修正しようとして変な癖がついてしまったのかもしれない。

ってか改めて見るとこの時の高さ今の比じゃないな…やっぱ弾きが全然違うのか…

ちょっと前のデッキに戻したくなってしまったが(笑)とりあえず腕の振り方を見直す方向で調整してみる。

 

(追記)

色々考えた結果腕は振らないことにしました(急転直下)

上半身の使い方を考えるより先にちゃんと膝の屈伸を使ってジャンプする必要があると思う。

まずは上半身ガッチガチでもジャンプできるようにしてそこから高さを上げていこうと思います。

スポンサーリンク