ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座 練習 おっさん 森田
やまめ乗り解説

ぼくのスケボー:はじくん閣下

つべのコメ欄にて「?のイメージでデッキを動かす」というアドバイスを頂いた。

つまりジャンプした後で後ろからデッキを回してくるということだろう。

確かにこの動画を初めて見た時に、こんなに後ろに行くのかと驚いた記憶がある。

板が後ろに飛んでくれば、あとは前足で押し戻すだけなので板を平行にする動作はかなり楽になるだろう。前足至上主義を掲げる(?)ぼくとしては是非修得したいところだ。

 

ではこのように板を後ろに飛ばすにはどうすればいいのだろうか?

この人のオーリーには、他の人には見られない(多分)ある特徴がある。

f:id:sattin0107:20210414204640p:plain

ジャンプの直前でめっちゃ内股になるのだ。

何故こんな動きが発生するのだろうか?

f:id:sattin0107:20210416210038p:plain

おそらくだがこういう方向に前足を踏んでいるのではないでしょうか?

つまり、足が前にずれようとしてるけどデッキテープのグリップ力によって止められてる状態だ。

一方後ろ足はテールに引っかけているので板は前に動かない状態となっている。動かない板を前に押しているので、逆に板に押し返されて膝が内側に行くということだ。

f:id:sattin0107:20210416211259p:plain

さらにテールを踏んでいるので板は跳ね上がろうとしているが、前足で前方向に押さえているので板はこのように押した方向と逆方向に行きたがっているはずだ。

この状態からジャンプして体重が抜けると前足のグリップが外れ、足は前に行き、デッキは後ろに行くというわけだ。

 

要するにジャンプする時に前足は少し前に踏んだ方がいいんじゃないかということだ。

もちろんただ板を前に蹴ればまくられて終了なので、後ろ足は逆に後ろに踏まなければならない。

つまり左右の足でハの字に踏むのがいいということになる。

f:id:sattin0107:20210404183104p:plain

一方ぼくのオーリーではジャンプする時点で既に膝が前に出てしまっているので、前に踏む力が生まれず、ノーズが近付いて来てくれないオーリーになってるのだと思う。

 

f:id:sattin0107:20210416212710p:plain

ハイオーリーマスター高澤氏のオーリーを見ても、アーロン氏とは膝の折れ方こそ違うが、やはり膝が内側に寄ってハの字に踏む形になっている(しかし足首どうなってんだこれ)

この両者を見る限りではハの字に踏みさえすればフォームは問わないように見えるので、自分はどうすればハの字に踏めるか、とりわけ前足を前に踏めるか試行錯誤してみたいと思う(でも正直アーロン流以外であってほしい…w)

スポンサーリンク