ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座 練習 おっさん 森田
やまめ乗り解説

ぼくのスケボー:はじくん閣下③

というわけで内股作戦を決行した結果ですが、めんどいので箇条書きで。

 

・前膝は内側スタートの方がいいが、後ろは割とどうでもいい

・ジャンプで体が浮きそうになったとこで前膝を出す

弾き足の親指はガチガチに固めた方がいい

 

内股云々より最後の発見がデカかったです。

というのも、ジャンプをそこそこにしてその分膝を上げるという方針を打ち出してから、ぼくのオーリーはテールが全然浮かなくなってしまっていたのだ。

ジャンプが低くなったことで弾き足が地面に届いてしまい、テールを踏みつけてしまっているのが原因であろうことはなんとなくわかっていたが、これといった対策が立てられずにいた。

 

時にみなさんテール弾く時って後ろ足のどこに力入れますか?

ぼくは母指球だと思ってました。いや実際に「母指球をテールの真ん中に置く」と言ってるハウツーも多いし、間違ってはないのかもしれない。

実際足の中で一番力入れやすいのは母指球だと思うし。

 

ただそれは踏む時の話なんですよね。

つまりこの場合の「力が入れやすい」ってのは「体重を乗せやすい」という意味を大いに含んでいるんですね。

でもさっき言った通りテールを踏んでしまうと足と地面との間にテールが挟まりテールは静止してしまう。

テールが浮かない原因は大体これが理由だと思う(単純に弾きが弱いというのもあるかもしれないが)

だから母指球最強説はいったん脇に置いて考えなければいけない。

 

さらに母指球でテールヒットをした場合に発生する問題がある。

母指球にはまだ先があるということだ。

つまり母指球でテールを弾くと、弾いた後も足は伸び続けるので、母指球より先の部分、すなわち母指はもっと下まで行くこととなる(膝の引き上げが早ければそうとも限らないかもしれないが)

その結果足指と地面でテールを挟んでしまう可能性が大なのだ。

 

これを防ぐためには足の最先端、すなわち母指そのものでテールを弾く必要がある。

しかし脱力状態だと足の指はふにゃふにゃなのでテールをグッと押すことができない。

だから親指に力を入れておくことが重要なのだと思った。

 

実際これでやってみるとテールに余計な力が入らずちゃんと跳ね返ってくるようになった。

後ろ足の荷重をピンポイントにすることで自然と前足重心になるのもいいのかもしれない。

これによってずっと目標としていた低くても平行になるオーリーはコンスタントに打てるようになった。

あとはこの動きに体を慣らしていけばもう少し高さを上げられるかなあと思う。

とりあえず軌道に乗ったかなって感じだ。

 

軌道に乗ったところで本題のカスタム話に入ります(えー)

f:id:sattin0107:20210425204959p:plain

まくられなャスター死亡のお知らせ。

まあ正確には死んだのはビスなんだけどね。

オーリー練習の合間に気分転換でペニー乗ってたらポロッと逝ってしまった。

まあまくられストッパー時代からずっと使ってたビスだし、ひん曲がったまま放置してたからしゃーなしではある。

f:id:sattin0107:20210425205416p:plain

というわけでビス2本に増やした。

今更追加の穴開けるのに躊躇もクソもないので迷わずいきました。

キャスターの穴のピッチがペニーの網目と一致するというなんたる偶然。

これにより回転機構はなくなりましたが、あんなのはトイレの壁に立てかける時くらいしか使わないので大して困らない。むしろ普通にマニュアルしたいときに勝手に向き変ってたりするのがウザかったので最初からこうしとけばよかったって感じです。

耐久度もかなり上がったと思うので、これでマニュアル10m目指します。

f:id:sattin0107:20210425210304p:plain

それともう一つ、下駄クルーザーのウィールも変更しました。

BonesのROUGH RIDERSはとてもいいウィールだったけど、いいかげん前輪が削れすぎてとんがり帽子みたいになってたので流石にね…

f:id:sattin0107:20210425210842p:plain

今回買ったのはSATORI MOVEMENTのLOW RIDERというソフトウィールなのだが、その名の通り52mmというハードウィール並の小径です。探したら50mmのソフトウィールもあったがこっちの方がデザインが好みだったのでこっちにした。

f:id:sattin0107:20210425210959p:plain

特に興味を引かれたのは側面(でいいのか?)から見た時の形状で、このように外側は丸くて内側は角ばってる。今までいろんなウィールを使ってきたけどこのタイプは初めてです。

経験上角が丸いウィールはポンピング時に後ろがスリップしやすく(すり減ったシャークが一番ヤバかった)角ばってるのはその逆カーバー最強)って感じだったので今回のももしかしたらスリップするんじゃと思ったけど、使ってみたら普通にポンピングはできました。どうやらポンピングで重要なのは内側のエッジらしい。全然知らなかった。

逆にチックタックやキックターンをする時は外が丸いので前輪が路面に引っかからずにスッ…スッ…と入っていく感じ。これは気持ちいい。

ラフライダースの時はなんかもう前輪がシャリシャリ言って気が気じゃなかったw

てなわけで、実験的に買ったウィールだったけど蓋を開けてみればぼくの用途にピッタリでした。これは末永く使っていきたい。

とか言って速攻片輪減らす未来しか見えないなあ…w

 

↑キャスターとペニーの間に入れるゴムはお好みで

スポンサーリンク