ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座 練習 おっさん 森田
やまめ乗り解説

ぼくのスケボー:すろろん閣下②

正直こんな映像を撮るレベルには達してないと思うが、こうして見てみると新たな発見があった。

 

まず気付いたのが弾く前に体を上げるだけのフェーズが(無意識に)追加されている。

まあ体を上げる動作が入ったことでちゃんと弾けるようになったのは既にわかってたけど今回注目したいのは腕の動き

f:id:sattin0107:20210516220023p:plain
f:id:sattin0107:20210516220050p:plain
f:id:sattin0107:20210516220204p:plain

従来のどどんまいの前にヒゲダンスが入っているではないか!(一応真面目です)

こんな動きは全く意識してなかったので自分で見てびびった。

これは弾き前の両足で押す動作の重要性に気付いたことで、これを独立した動作として行うように体の使い方が変化したのかなと思う(その結果がヒゲダンスかよとは思うが…w)

f:id:sattin0107:20210516220326p:plain

そしてその後の弾きですが、これも今までとは質が変わってきたように感じる。

今までのテールを叩きつける感じじゃなくてちゃんと空中から投げ捨てる感じになっている(ちょっと足離れすぎな気もするが)し、テールヒットも地面にぶつかるというよりはちょこんと当たる感じになっている(スーパースローだからかもしれんが)

要するに以前より軽い感じで弾くことができてるんじゃないかと思う。

f:id:sattin0107:20210516220326p:plain
f:id:sattin0107:20210516220444p:plain

そしてテールヒットの瞬間板の立ち上がりが止まり、そのまま上方向の動きへとベクトル変化する様をありありと見ることができる。

f:id:sattin0107:20210307081207p:plain

これは今まで何度も書いてるがデッキが立ち上がる時の後ろ方向の動きを打ち消して上昇成分だけを取り出した状態。つまり前足がちゃんと使えてることを意味している。

うん、ここまではね(笑)

 

で、ここからがお馴染みのノーズキックが押せてない問題なんですけど、これもスーパースローで見るとほんのわずかながら上がってきた足がキックにコツンと当たってるように見えるんだよね。ほんとに極々わずかだけど。

f:id:sattin0107:20210516210145p:plain

つまりこの時点で一応足の甲の辺りがキックに当たってはいるとは思うんだよね。

というか当たっちゃってるせいで足がここで止まっちゃってるというのが前足が前に行かない問題の真相のような気がしてきました。

f:id:sattin0107:20210516213542p:plain

どういうことかというと足の甲がキックに当たった時点では靴底のエッジの部分はキックから少し離れたところにあるため、こっから足を起こしていくとこのエッジの部分を支点とした動きとなり、結果ノーズから足が離れた状態でオーリー終了してしまうわけだ。

f:id:sattin0107:20210516210145p:plain
f:id:sattin0107:20210516214605p:plain

実際靴のエッジに注目してみるとトラックの上辺りから動いてないように見える。

ぼくは前に出したはずの足が何故か戻ってきていると思っていたが何のことはない、足は止まった位置でピボット運動してるだけなのだ。

この位置でも一応デッキを押すことはできますが、下方向への力となるためノーズを下げるだけの動きとなってしまいます。これでも一応平行にはなるけど…

 

てなわけでこのピボットの位置、つまり靴のエッジをノーズキック、あるいはもっと先まで持っていければいいということになりますが、そもそも何故足の甲がキックにぶつかってしまうのか?次回はこれを考察していきます(あれなんかこの感じ懐かしいな…w)

スポンサーリンク