ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座 練習 おっさん 森田
やまめ乗り解説

ぼくのスケボー:ラ・フランダース②

いいゾ~これ

 

正直スリップはかなり懸念していたが、実際やってみると全く問題なし。

結局接地面積が広ければどうとでもなるということなのだろう

(というかシャークがポンピング向きじゃないだけっぽいねこれ…)

ウィールが小さくなったことで、心なしか切り返しも鋭くなった気がする。

 

しかしそれ以上に車高が低くなったことの恩恵がでかい。

今回elosと乗り比べたので尚更だが、とにかくプッシュがしやすいのだ。

あまり膝を曲げなくていいのはもちろんのこと、蹴った足もすぐ乗せられる。

ちなみにこの動画とは別にガタガタ道でも乗ってみましたが、プッシュだけなら全然進めました。ドンキのスケボーとか言ってすまん

 

少なくともプッシュとポンピングに関して不満は全くない。

唯一の短所であろう減速のしやすさだが、これは車で言えばエンブレが効いているようなもので、緩やかに減速したい時はむしろ便利だろう。

速度維持したければポンピングしてればいいわけですしね。

最近の日産車にはアクセルを緩めただけで自動的にブレーキがかかるe-Pedalというシステムが搭載されているという。加速と減速というのは元来二律背反で、同時に行うものではないのだから、このくらい単純でいいのだ。

もちろん急停止する時は別の方法が要るけどね。

 

少し脱線しましたが、とにかく今回のウィール換装は大当たりでした。

新しい板を買おうと思わなければこのウィールに出会うこともなかったので、これもオーリーの真似事の成果ということなのだろう。

というわけでここぞとばかりに宣伝しておく(笑)

 

そして宣伝パート2。

ウィールを83mmに替えてからまともに乗ったのは初めてだったけど、これはこれでやっぱ良いな。

やはり最初のプッシュでの加速は重いけど、とにかくポンピングの推進力に極振りしてるのですぐに巡航速度に乗せられる。

前輪のカービングトラックの回頭性で、デッキをあまり傾けずに左右に振れるので体の感覚としては直立状態で進んでるのに近い。後ろ足だけをチョイチョイ踏んで加速してる感じだね。それで全然進めるし、止まらない。

だからこそ飽きて乗らなくなってしまったわけだが(苦笑)、やはり移動ツールとしてはかなりの水準に行ってると再認識。

というわけで移動に最適なスケボーelosをよろしくお願いします(宣伝)

 

まあエヴァモデルが売れたとこでぼくには一銭も入らないけどね。

しかしelos公式チャンネルと相互登録している(これ言うのも久々だな)うちとしては応援したい。

ってかせっかく登録してもらったのにペニーの動画ばっか上げてんの不義理もいいとこだな…w

エヴァじゃなくていい人はこちらから。パチモンが出回ってるけどデッキに滑り止め処理がしてあるのは本家だけだからよろしくね

スポンサーリンク