ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座 練習 おっさん 森田
やまめ乗り解説

ぼくのスケボー:チックタック=ステップステップ③

もろ悪い例やんねうちw

やっぱり体が回せてないのと重心が後ろすぎるのが進まない原因か。

意識すべきことが明確になって助かる。

で、ポンピングのハウツーも最近上がってた。

遠心力はあんま使わないんじゃね?と思うが修得過程としては私の動画と近い。

つまり「カクっと曲がって音を聞く」ことで加速を感じるのがスタート。

ポンピングの場合はチックタックみたいに静止状態からスッと動くのが難しいので(できないとは言ってない)普通はプッシュしてから加速を試みるわけだが、それだと普通に曲がってるのと区別がつきにくい。

そこで役立つのが路面に力を加えているという「実感」なんですね。

 

そうして出てきたポンピングの「芽」を腕の動きで育てていく。

この腕の動きも非常にいいですね。

最初は左右の動きで、そこに上下を加えていくというのがとてもわかりやすい。

最終的にはやっぱり∞っぽい動きになるんですね。

(私の∞ポンピングはあくまで振り子を得るためのものなので成り立ちは違うけど)

あと動画の内容とは関係ないけど22インチの動画も見たいというコメが気になった。

…あるで?

 

ところでチックタックは静止状態から進めるのになんでお前のチックタック動画は最初プッシュしてんの、と言ったら実はあそこ微妙に上りでした。

本当は平地で撮りたかったけど雨が止んで人が増えてきたからやめたんよ。

ただまああんま加速できてないのは事実なのでここまで出てきたことを総動員して頑張る。

 

とか言ってたらとある理論が使えるのではないか、というのを思いついた。

次の更新で一切触れなかったらボツったということなのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク