ぼくのSix Wheels(僕六輪)

「自転車」「スケボー」「デレステ」についてのブログです

スポンサーリンク


ぼくの自転車:DAHON Mu SLXの紹介
ぼくのスケボー:elos skateboardの紹介
ポンピング解説 番外編 やポ 続やポ 講座 練習 おっさん 森田
やまめ乗り解説

ぼくのスケボー:ポンピング貿易摩擦

動きだけ見ると∞ポンピングっぽく見えるがやはり似て非なるものだ。

∞ポンピングはその成り立ちからもわかる通り腕の遠心力により下向きの力を発生させるのが目的の動きなので、体の回転を必要としない

催眠術のように手で振り子を動かすのを想像するとわかりやすい。振り子の動きに対して手の動きはわずかでいいのと同じように、腕を振るための肩の動きは少ない方がいいのだ。

一方冒頭の動画の動きは体を回転させるための動きで、その裏には足を互い違いに動かすという目的がある。この足の動きというのは板を水平方向に動かす動きです(頭悪そうな文だな…)

 

つまり同じ∞の動きでも力の向きが違うということがわかる。

どっちがいいという話ではないが、基本的に水平の足の動きというのは板と足の摩擦を拠り所にしているので、グリップ力に定評のあるBananaならともかく、普通のミニクルーザーでは難しい気もする。

 

5chの某スレでもペニーでポンピングをしていると前足がノーズ側に動いて落ちそうになる、というレスがあったが私もです。

これは今言った摩擦が少ないのに加えてノーズが平らなのも関係してると思う。

上の動画でもわかるがぼくがBananaでポンピングをする時の足の位置は前後のキックとフラット部の境目らへんだった。

ここに足を置くとスパイダーウォークのように両足を突っ張って板をホールドすることができるのだ。

elosにはキックがないがフットアンカーを前後に配することによって同じ効果を出している。

f:id:sattin0107:20200412145102p:plain

ところがペニーには前足を引っ掛ける部分がないので同じことをしようとすると前足が移動してしまうわけだ。

これを何とかするためにはelosのフットアンカーのように前トラックのビスを突き出させるか、デッキテープを貼るしかないが、そうするとノーカスじゃなくなるのでぼくはやらないw

よってペニーでポンピングをする時は板がホールドできず、常に足が板からずり落ちるリスクと戦いながらポンピングをするという一種の縛りプレイになる。

 

だから初スケボーでペニー買ってポンピングまで修得できる人はかなり凄いと思う。

思えばぼくが最初にミニクルーザーを買おうと思った時、トリックができないと困るからという理由でノーズキックのあるBananaを選んだわけだが、もし最初からペニーを買っていたらこういう記事も書いていなかったかもしれない。

そう考えるとBananaを選択した当時のぼくには感謝しかない(なおトリックは全くできない模様

スポンサーリンク